ボートエギングで1.96kg頭に船中アオリ47杯【福岡県・響灘】

6月1日、中潮。最近ボートエギングにハマっている釣り仲間の山下さんから誘いがあり、北九州市門司港から案内している遊漁船「BOOTH」を利用して釣行。山下さんいわく「シーズン中盤でアオリイカのサイズがまばらになりましたが、数も期待できますよ」とのこと。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

響灘でボートエギング

関門海峡を抜けて響灘に出て、小1時間。釣り場は海藻が多い水深5~10mぐらいのシャローエリア。

タックルはショアからの通常エギングと同じでオーケーで、エギは3.5号。

エギングタックル(作図:吉田信仁)

当日の状況

早速、キャスト開始。海上は無風で、天気も良くて湖のような状態。偏光サングラスをかけているのでエギの動きがよく見える。しかし、無風のためと満潮近くの潮止まりのため、船が動かない。やはりボートエギングも、潮が行って船が動かないと食いがめちゃ悪いとのこと。

海藻の隙間から1㎏本命

私はボートエギング初心者なので、取りあえずこの状況を利用してエギの動きや沈降スピード、フリーにしたときのラインの動きを観察。海底には海藻がびっしりなため根掛かりも多発するようなので、エギの沈降スピードの時間は重要だ。

海底に着く寸前で、シャクっていた私のエギに海藻の隙間からアオリが見えたかと思うと、エギをひったくっていった。いきなりのアオリで、1kgちょいでラッキー。

当日最大は1.96㎏

下げ潮に入ると船が動きだし、船中7人いるがばたばたと釣れ始めた。

しばらくして、横でシャクっていた初ボートエギングの人のドラグが一気に鳴り、上がってきたのは当日最大となった1.96kgのアオリ。

本日最大1.96kg(提供:吉田信仁)

最終釣果

昼すぎまでそんな状況が続き、山下さんはさすがの1.9kg頭に13尾。

山下さんは1.9kg頭に13尾(提供:吉田信仁)

数ではこのシーズンの記録更新みたいだ。私は1.5kg頭に8尾ゲット。

私は1.5kg頭に8尾ゲット(提供:吉田信仁)

港に帰って船全体の釣果を数えたら47尾。

今回は残念ながら2kgオーバーは出なかったが、無風なタフ・コンディションとしては上出来な釣果だった。

同船では今シーズンのエギングは6月いっぱいまで出船するとのこと。ショアの人混みが苦手な人にはオススメだ。

<週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
BOOTH
出船場所:北九州市門司港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年6月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。