玄界灘沖五目でレンコ56尾 アマダイにハタに魚種多彩【福岡・金生丸】

福岡県宗像市地島の金生丸の藤井船長に沖五目釣りの予約を入れ、5月29日に釣行。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アラカブに1.5kgアオナ

タックル図(作図:飛高宏佳)

この日はウネリ1mの予報で、午前5時に沖ノ島沖に向けて出港した。メンバーは私、佐田さん、西依さん、大塚さん、蓮尾さん。

釣り場に到着して釣り始め、3~4回流したところで左舷胴の間の蓮尾さんにアタって、アラカブ500g級が釣れた。またすぐにアタり、アオナの1.5kg級が釣れていた。エサを聞くと「ミミイカに来た」とのこと。

レンコ&タカバのダブル

私にもアタリがでたがすぐには上げず、追い食いさせるため誘いをかけ、2~3回アタってサオに乗ったことを確認して上げると、レンコダイとタカバがダブルで釣れてくる。

レンコにタカバ(提供:飛高宏佳)

朝のうちはレンコを拾い釣りし、手返しを速くして数釣りたいが思うようにいかない。

船長に聞くと、今の時期になると普通は大きな群れを作るが、まだそうなっていないようだ。

アマダイにマトウダイ

急に重量感のあるアタリがでたので巻き上げると、サオが根元から曲がり、上がってきた魚を見ると今の時期では珍しいマトウダイ。タモですくってもらったのは2kg級で、手の平大のレンコを丸のみしていた。

佐田さんも辛抱強く釣っていて、引きのいいアタリでアマダイ50cm級。次にイトヨリダイの52cm級が釣れた。イトヨリの引きはアマとよく似ているので間違えやすい。

左舷ミヨシの大塚さんもレンコを中心に釣っていて、納竿間際にアマ32cm級が釣れる。

アマダイ32cmヒット(提供:飛高宏佳)

西依さんは右舷ミヨシで頑張っていて、10時ごろにいいアタリがでたが、巻き上げ途中でハリスを切られてしまった。

11時すぎにレンコのいい群れが見つかり、数を稼ぐことができた。

次のページで最終釣果発表!