解禁2日目の一庫大路次川でアユ友釣り 遡上状況極めて良好【兵庫県】

6月23日(日)、兵庫県を流れる猪名川水系・一庫大路次川のアユ解禁の2日目に友釣りで釣行。やや精悍な顔つきのダム湖遡上のアユと戯れた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

解禁翌日に釣行

午前8時のゲート・オープンと同時に「川の案内所」で受付を済ませ、オトリを2匹入手し、清々しい早朝の空気と山々の緑に囲まれて、釣りをスタートしました。

新緑の一庫大路次川にて(提供:WEBライター・森雨魚)

テンポよく連発

早速、目印を下流に引き込んだのは、16cmほどのダム湖遡上の一番アユ。しっかりとナワバリを持った若アユには追い星がくっきりと出ています。やや精悍な顔つきのDNAは顕在です。幸先のいい、やる気十分の若アユのヒットで気分は一気に高ぶります。

ゆっくりとオトリを引き上げると、目印が一気に下流に突き刺さるアタリが爽快です。

対岸にループをかけて投入すると、「あらっ!もう掛かってる!」という、ミラクル・ヒットも時折あり、最高のリズムでシナリオ通りの釣りは続きます。

若アユがヒット(提供:WEBライター・森雨魚)

岩盤エリアでも群れアユヒット

やや水深のある岩盤エリア・ポイントでは、ダブル蝶バリを装着して逆上げすると、群れアユに同調して左右、前後に揺られて水中でギラリ!少しサイズ・ダウンの群れアユがヒットします。

この瞬間が楽しい!(提供:WEBライター・森雨魚)

半日で38匹を手中

いつも「山あり谷あり」とムラのある自分の釣りですが、シナリオ通りの展開に大満足し、午後2時前に38匹の釣果で一時、納竿としました

キープしたアユたち(提供:WEBライター・森雨魚)

昼食後は中流部でサオを出してみましたが、やる気アユは解禁初日にほとんど釣り上げられたようで、サイズ・ダウンの若アユ4匹を追加。後半の1時間を楽しみ、後ろ髪を引かれる思いで釣り場を後にしました。

遡上状況はかなり良好

一庫大路次川には、とんでもない量のアユが遡上していおり、私にとっては「若アユと遊べる川」となりました。

当日は上・中流部で6.3mの支流アユザオを使用しましたが、下流部は8m程度のサオが必要でしょう。また、岩盤エリアではチラシ、ヤナギ、蝶バリが有効。今後がますます楽しみです。

天然アユの魚影濃厚(提供:WEBライター・森雨魚)

当日のタックルデータ

▽サオ 支流アユザオ6.3m(改良ソリッド穂先)
▽仕掛け 完全仕掛け(複合メタルSR-47H・0.08号)
▽ハリ 3本イカリ・妃刃(kiba)6.5号。ダブル蝶バリ・キメラ6.5号(自作)

森雨魚/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
猪名川漁協