タイラバで80cm超『鷹巣モンスター』を狙う 予備軍70cm級多数

タイラバで80cm超『鷹巣モンスター』を狙う 予備軍70cm級多数

5月後半、福井県坂井市の九頭竜川ボートパークから鷹巣沖へ出船しているシーライオンの午後便に乗ってきた。目的はタイラバで狙う80cmオーバーのマダイ、通称『鷹巣モンスター』だ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

シーライオンでタイラバ釣行

シーライオンでは数より型を狙い、大ダイ捕獲を念頭においてポイントを選定している。船長もアングラーにモンスターを釣ってもらおうという熱意があふれている。

11時半すぎ、午前便が終了し港へ船が戻ってきた。

午後も続けて乗船する人に当日午前の様子を聞いたところ、すでにハチマルオーバーのモンスターが1匹上がり、その他にもナナマルオーバーが数匹上がったとのことで期待が高まる。

オレンジネクタイ100gで開始

時合いを逃すまいとすぐに出船となり、船長から午前と同じような重さのヘッド選択指示が出た。

隣に聞くと、100g前後でネクタイのカラーはオレンジにアタリが多かったと親切に教えてくれた。まずは情報通りのタイラバをセットし様子見だ。

ポイントまで20分強で到着。

タイラバで80cm超『鷹巣モンスター』を狙う 予備軍70cm級多数鷹巣沖のポイント

「水深80m、底から5mに感度出てるよ!」と船長の声。全員一斉にタイラバを下ろす。

この一斉動作がとても大事だ。ディープを攻める際、同時に投入するだけで多少ウェイトにばらつきがあろうが、オマツリを極端に減らせる。それだけでタイラバが水中に入っている時間が長くなり、モンスターとの遭遇率がグッと上がる。

ナナマルオーバー乱舞

午後1時半ごろ、トモの方からキタッという声が聞こえ、しばらくして良型が上がってきた。次は隣のミヨシでも上がる。しばらくすると、胴の間も掛かった。そのほとんどが70cmオーバー。

次は自分の番だと、着底から5m上げてラインを送る、次は着底から15m上げラインを送る。この動作を巻き速度に変化をつけながら繰り返していく。

カウンター表示200mで、ギギギッとドラグが滑るマダイ特有のアタリ。アワせるのを我慢し一定速度で巻き続けると、完全にハリ掛かりしドラグが滑り続けた。ロッドがブチ曲がり巻いては出されを繰り返しながら、5分ほどの格闘で200m先から上がってきたのは、モンスター予備軍となる71cmの本命マダイ。

夕方の時合で73cmメス

その後、アタリはあるがアマダイやキダイ、ムシガレイなどゲストのみ。

やがて夕刻となり時合い到来。誰かがサオを曲げているプチラッシュ突入だ。トリプルヒットもあり、私も50cm級の食べごろサイズを追加した。

そして、納竿前にカウンター130mで良型からのアタリを捉えた。

掛かった直後からドラグが何度も滑ったが、慎重に引きを楽しみ、その後ボカッと沖で浮いてきたのは、鮮やかな色をしたキレイなメスのマダイ。サイズは73cmだった。

タイラバで80cm超『鷹巣モンスター』を狙う 予備軍70cm級多数73cmの良型マダイだった

鷹巣沖シーズン突入

今回モンスターを仕留めることはできなかったが、船中では80cmオーバーが上がり、70cmオーバーは複数釣れていた。

タイラバで80cm超『鷹巣モンスター』を狙う 予備軍70cm級多数当日の筆者の釣果

まだまだ熱いシーズンは始まったばかり。キュウマルオーバーも狙えるエリアだけに、モンスター捕獲は誰にでもチャンスはある。ぜひ鷹巣沖のタイラバゲームに挑んでいただきたい

<週刊つりニュース中部版 APC・山下弘晃/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
シーライオン
出港場所:九頭竜川ボートパーク
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年6月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。