ボートエギングで1kg級頭に2人合計9杯【佐賀県・きずなまりん】

ボートエギングで1kg級頭に2人合計9杯【佐賀県・きずなまりん】

5月5日、貴重な一日釣りがしたいと思い、人が多くて釣りができない波止は避け、少しでも釣果の期待できるボートで後輩とアオリイカを狙った。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

『きずなまりん』でランガンエギング

当日は快晴。利用したのは佐賀県唐津市肥前町・星賀港の遊漁船きずなまりん。2号艇の船外機でラン&ガンのスタイル。私たち2人と同船者1人で出港し、長崎県の青島周辺を目指す。

船長に最近の状況を聞くと、あまり芳しくないとうれしくない答え。さすがにゴールデンウイークとあってプレジャーボートも多く、プレッシャーは計り知れない。それでも貴重な一日である。何とかイカの顔を見たいと気合を入れる。

ボートキャスティングでのエギングは初となる後輩に釣り方を教え、水深10m付近を狙ってみる。エギは実績十分の、通称・パタパタである

ボートエギングで1kg級頭に2人合計9杯【佐賀県・きずなまりん】タックル図

1kgメスでジェット噴射満喫

30分ほど探って、私にイカパンチのアタリ。しかし、残念ながらバラシ。

そして、同船者に500gぐらいがヒット。船長から「昨日もポイントをラン&ガンして拾う釣りでした。」と言われ、より集中する。風が程よく吹いているため、パラシュートアンカーを入れて探りやすくしてくれた。

場所移動を繰り返し、ようやくヒットしたものの、小さいサイズのためすぐにリリース。そして3回目にして、ようやくギュイーンとジェット噴射!取り込んだのは1kgほどのメス。

大型のオスを探しながら、後輩にもようやくヒットするが、小サイズ。ボートエギングでは潮の流れと、ボート自身が流れて底取りがむずかしい部分があるので、後輩はまだコツをつかめていない様子。

待望の1kg超えのオスイカ

再度釣り方を教えていると、同船者に1kgクラスがヒット!

時合いと見て、私も後輩もシャクリに気合が入る。ダートさせ、水面近くに浮いたエギにアタックしてきたのは1.2kgのオスだ!偏光サングラス越しに丸見えだったので、サイズ以上に興奮した。

ボートエギングで1kg級頭に2人合計9杯【佐賀県・きずなまりん】1.2kgのオスに大興奮

最終釣果

その後、700g前後のヒットがぽつぽつ。残り時間が迫ったころ、後輩にイカのジェット噴射。みんなで応援し、慎重に寄せて無事ネットイン。後輩以上に私も船長も興奮して、安堵した。サイズはどうにか目標の1kgクラスを手にすることができた。当日は渋かったものの、私は6尾、後輩は3尾、リリース3尾といった釣果で楽しんだ。

ボートエギングで1kg級頭に2人合計9杯【佐賀県・きずなまりん】念願の1kg級をゲットでニッコリ

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也 /TSURINEWS編>

▼この釣り船ついて
遊漁船きずなまりん
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年5月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。