ボートエギングで1.9kgアオリイカ ラスト1投でドラマ【三重県】

ボートエギングで1.9kgアオリイカ ラスト1投でドラマ【三重県】

今年の志摩沖は3kgオーバーのホワイトモンスターが釣れ、「型の部」で活気づく志摩市片田の遊漁船に5月5日、単独釣行した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

シャロー狙いのエギング

出船は5時。前日3240gのモンスターが釣れたので、この日もそのポイントを攻める。船長は数より型狙いで行こう!とゲキを飛ばした。私は予約順で2番目となり、キャスティングしやすいトモを選択。

ボートエギングで1.9kgアオリイカ ラスト1投でドラマ【三重県】モンスターを求めて出発!

隣はNさん。その隣はTさんと常連が並ぶ。30分ほどでポイントに到着。夏日を想定して薄着で来たが早朝の船上は予想以上に寒い。船は大島付近をドテラ流しで攻める。船長は9~12mほどのシャロ―を流してくれた。

当日の釣り方

今年初のエギングとなるため、少し緊張のキャストだ。追い風がエギを遠くへ運んでくれるので、軽いキャストで十分だ。水面をフケているPEラインを張って着水させる。エギが落ち着いたところでカウントダウンだ。エギの沈下スピードとボトムまで深さを考慮して、ウィード付近にあるエギに2~3回大きくシャクリを入れる。

数投繰り返していると、何かが引っ掛かった感じ。なんとコロッケサイズの本命だ。

ボートエギングで1.9kgアオリイカ ラスト1投でドラマ【三重県】タックル例

4連チャンで船上賑わう

状況は厳しくなかなか次のヒットがない。次にきたのは隣のNさん。若干サイズアップで500gほど。その次はさらに隣のTさん。同サイズだ。ミヨシのアングラーにも釣れてきた。

秋のサイズしか釣れてこないと船長はぼやくが、期待の大物からの反応はない。

10時ごろ、キャストを失敗してパープルカラーのパタパタをロスト。船上でFGノットを組んだ。常連さんが500g前後のサイズを追加したが、大物からの反応はない。キャストを繰り返していると私にもヒット。同サイズを追加した。

11時を過ぎ、反応がほとんどなくなったので、ティップランを試すことに。35m流してみたが、全く無反応。1時間ほどで元のポイントへ戻って再びキャスティングだ。すると、常連Tさんにヒット。するとミヨシ。なんと私にも。そしてNさんにもヒット。

4連チャンの連鎖だ。全部500g程度だが、船上は活気づいた。

ラスト1投で2kg弱

しかし釣れたのはここまで。船はこの後、沈黙のまま沖上がりの午後1時を迎えた。昨年最後の1投で良型を釣らせてもらったのを思い出し、船長に「最後の1投でくるかもよ。」と言いながら、最終のキャスト。足元に戻ってくるように投げたが、やや左側に流され最初のシャクリは無反応。

カウントを20回数え、最後のシャクリを入れた途端、ドスン!ジィィィーッとドラグが鳴った。冗談で言っていたひと言が本当になった。Nさんも「本当にきたね」と声をかけてくれた。ちょうど左側に流れたおかげで船尾をうまく離れた。

この本命はスミを猛烈に吐き、ジェット噴射を繰り返す。元気な引きを見せ、ようやく船長のタモに収まってくれた。2kgには少し届かぬが良型を取り込むことができ、興奮覚めやらぬなかで、沖上がりとなった。

ボートエギングで1.9kgアオリイカ ラスト1投でドラマ【三重県】見事仕留めた2kg近い令和初アオリ!

令和初のモンスターを狙おう

全体で14匹と厳しい結果となったが、令和元年初釣りは1890gの良型に恵まれ、納得の1匹を獲ることができた。

これから、キャスティングによる大物シーズンを迎える。まだまだチャンスはこれからだ。ホワイトモンスターを狙って、志摩沖に通うことになるだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年5月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。