タイラバで70cm大ダイにジギングで4kgヒラマサ【福岡・幸の鳥】

5月4日、大潮。TEAM雑魚の岸本さん、ヒカリちゃん、私の3人で、福岡市の箱崎漁港から幸の鳥号に乗り、ジギングに出かけた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

小呂島沖でオフショアジギング

午前5時30分に出港。約1時間30分で小呂島沖に到着し、ドテラで流していく。
水温は15度で、魚の活性も良さそうだ。

1投目から岸本さんにデカ版がヒット。ヒカリちゃんにもアタリがあり、着いて早々にダブルヒットだ。先にヒカリちゃんが大型のアオナを取り込み、岸本さんは格闘中。早くもヒカリちゃんに再ヒットしたとき、岸本さんは惜しくもライン切れ。

その後ヒカリちゃんが4kgのヒラマサをゲット。

タイラバで70cm大ダイ!

ジグの2人に対して私はゴールド系80gのタイラバ玉で、水深70mで魚の活性が良い海に落としていく。

当日のタイラバタックル

底に着いて、巻いては落としてを繰り返していると何かがアタり、フワァッと変化があったのでアワセを入れると、ドカーンと一気に20mほど走った。

その後2~3回ロッドをあおってフッキングを確実にして戦闘体制を整えるも、ヘビーな引きでロッドを押さえ込み、慌てずじっくりとやり取り。大型マダイの場合、ガンガン巻き上げると内蔵が飛び出るので、優しくやり取りをする。

そして数分後、ブワァ~ッと浮いてきたのは70cmの大ダイだ。

腹はパンパンだけど内臓が出ていなかったので、撮影を終えたらすぐにリリースした。マダイはこの大きさになるのに30~40年ほどかかるといわれ、資源保護も兼ねて私は60cm以上のマダイはリリースするようにしている。

70cm大ダイ

その後も大型を追加して乗っ込みマダイを堪能。

船中満足の釣果に

ヒカリちゃんは怒涛(どとう)の青物ラッシュで、短時間の間に6尾も釣り上げていた。お見事!

最後に小呂島の西側にて、岸本さんにデカ版アラカブ、ヒカリちゃんにこれまた大物のオオモンハタがヒット。

少し早いがここで納竿して帰港することにした。

船上も夏さながらの日差しですごく暑い中、水分補給およびライフジャケットなどの安全対策は必ず実施して、楽しく釣りをしましょう。

<週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
幸の鳥
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年5月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。