シャローエリアのボートエギングで2kg超えアオリイカ!【福岡県】

5月前半、福岡県糸島市の加布里漁港から、シーズン突入のボートエギングに行ってきました。大型アオリイカを狙います。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

まずはサーフポイントから

正午に出船し、まずはサーフポイントへ。エギは3.5号を使用、水深は5~10mのシャローエリアです。お昼の日差しも強かったので、私はオレンジ系パタパタフットで開始。同船者は4人、みんなそれぞれのカラーやエギをチョイス。

しっかり沈ませてからシャクリを入れます。海中をイメージし、イカのタナを探ります。……なかなかヒットがないまま時間がすぎます。

タックル例

シャローの藻場で1kgオーバー

田中さんが1尾目をヒットさせ、小ぶりながらアオリをゲット。その後は続かず、場所移動。今度は水深5mのシャローの藻場へ移動。たくさんの藻があり、これは釣れそうな予感。そこで、再び田中さんにヒットです。これはなかなか良型の1kgオーバーです。

良型アオリイカをゲット

午後には2kgオーバー

私もそろそろ釣れそうな予感がしてきました。ヒットカラーはピンクのようです。午前便でエギングに行っていた人からもピンクで釣れたという報告があったのを思い出しました。早速、私もピンクカラーに変更。

その間に大須賀さんにヒット!ドラグが鳴ります。これは間違いない大物の予感……サオに重みのある1尾が上がってきました。デカい!2kgを優に超える大型です。うらやましーっ。

2kg超えの大型アオリをゲット

夕方はピンクカラーで

そして、同船者にもヒット。夕方になり、再び別の藻場に移動し、夕マヅメに賭けます。私は太陽の光量に合わせて何度もエギを交換しました。

ここで、ようやく私にも待望のヒット!やはりピンクカラーでした。バラさないように慎重に巻き上げます。うれしい1尾でした。

ピンクカラーのエギでアオリイカをキャッチ!

その後ラッシュで、それぞれアオリを追加して納竿。全員安打の楽しい釣行となりました。これからさらにシーズン本格化を迎えるボートエギング。その日の当たりカラーを見つけるのも楽しいですね。

<週刊つりニュース西部版 赤堀泉/TSURINEWS編>

▼出船場所ついて
加布里漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年6月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。