波止からのサヨリ釣りで30cm弱10尾 本命はみりん干し?【大分県】

波止からのサヨリ釣りで30cm弱10尾 本命はみりん干し?【大分県】

サヨリのみりん干し目当てに、大分県は香々地・羽根港へと赴いた。当日は、連休ということもあり、早朝でも釣り場が賑わっている中、スーパーボール仕掛けでサヨリを狙った。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

羽根港でサヨリ釣り

波止からのサヨリ釣りで30cm弱10尾 本命はみりん干し?【大分県】当日のポイント

4月末、小潮。私は大分県豊後高田市の香々地・羽根港へサヨリ釣りに行った。

もちろん、サヨリのみりん干し目当ての釣行である。サヨリのみりん干しは干物の中でナンバー1と思うのは私だけであろうか。

羽根港は駐車場からポイントまでが若干遠いのが欠点であるが、比較的サヨリの良く釣れるポイントであるため、足を運ぶ価値は十分にあると思っている。

当日の状況とタックル

波止からのサヨリ釣りで30cm弱10尾 本命はみりん干し?【大分県】当日の釣果

自宅から1時間40分かけて午前5時35分に現地へ到着する。例年通りであれば、この時間に釣り人は数人しかいないのだが、今回は20人もいてビックリした。連休ということも関係しているのだろう。

羽根港は安心して釣りに集中できる釣り場だ。当日は、満潮が午前4時30分、干潮が11時2分であり、満潮から干潮にかけての釣りとなった。

私はサヨリ釣りを楽しむために、今までは3m級のサオを使用していた。しかし、年々飛距離が落ちてきて、遠投が体力的に厳しいと感じ始めたため、今年から4mのサオを使用することにした。やはり、4mもあれば楽に投げることができると実感した。

早アワセが基本

5時45分より釣り開始。最初の数投は全く反応がなく、嫌な予感がしたが、目印であるシモリ玉が少し動くアタリがあった。

サヨリ釣りは早アワセが基本なので、すぐにアワセを入れる。そして、リールをゆっくり巻き上げながらサオの曲がりを楽しんだり、左右に走る姿を楽しみながら釣り上げた。

久々の対面となったサヨリはとても美しかった。釣り人の間でキスは砂浜の女王、ヤマメは渓流の女王と呼ばれているが、サヨリを防波堤の女王と呼びたいと思っているのは私だけだろうか。

サヨリの元気がない?

さて、いつもならここから連続ヒットすることが多いのだが、当日は若干風があったことと、前日より極端に気温が低くなったことが影響したのか、散発的なアタリとなった。

しかも、シモリ玉を勢いよく動かすアタリがほとんどなかった。また、サヨリがヒットした後にジャンプする姿も見られなかった。当日のサヨリは全体的に元気がないように感じた。

やはり気温の低さが影響したのだろうか。ハリ掛かりも悪く、ハリを替えるなどの工夫をしたが、残念ながら釣果は伸びなかった。

最終釣果

当日は昼から用事があったため、最低目標の2ケタになった9時で納竿した。当日の釣果は、サヨリ10尾(27cm前後)であった。本当は20尾以上釣る予定だったので、次回は必ずリベンジしたい。

<週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
香々地・羽根港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年5月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。