船マコガレイ釣りで45cm本命 エサ小さめがアタリ【茨城・弁天丸】

船マコガレイ釣りで45cm本命 エサ小さめがアタリ【茨城・弁天丸】

5月6日(月)、釣友の岡谷さんと永瀬さんを誘って、日立市会瀬漁港の弁天丸でマコガレイ狙って釣行した。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況

5時20分、10人を乗せ阿部正美船長の舵取りで出船。港を出ると、多少のウネリはあるが晴れて、絶好の釣り日和。

真沖へ15分ほど走ったところでポイント到着。船長のアナウンスで仕掛けの準備に取りかかる。

仕掛けと誘い方

仕掛けは、天ビンにオモリ40号、配られた青イソメを2尾チョン掛け。

2、3度潮回りしたあと、合図とともに仕掛けを投入。水深は30~40m前後。

誘い方は、オモリ着底と同時にイトフケを取ったら、竿先をこまかく上下させ、オモリで海底を2、3度たたいてエサをアピール。竿先を止めてカレイの食いを待つ。アタリがなければ再び〝たたく&待つ〟の繰り返し。

ムシガレイばかり・・

すぐに、左舷ミヨシの福原さんが本命を釣り上げる。

船マコガレイ釣りで45cm本命 エサ小さめがアタリ【茨城・弁天丸】福原さんに本命

ほかの人もアタリは続くが、掛かってくるのは、ムシガレイがほとんど。

しばらく流したあと、アタリが遠くなって小移動。

エサ小さくしてマコガレイ連発

再び仕掛けを下ろし、同様にアタリを待つと、竿先に小さな変化があり軽くアワせる。完全にハリ掛かりしたところでリールを巻き始めると、独特の引きがきて、25cmのマコガレイ。

ポツポツの状況で、本命のほかムシガレイやホウボウなどのゲストが顔をだす。

アタリは頻繁にあるものの、ハリ掛かりしないこともあった。その原因は潮が速く、カレイがエサを追いきれない感じだったので、食い込みをよくするため、エサのタラシを短くした。

すると、まもなくアタリがあり、20cm級を2尾追加。いずれも、しっかりハリを飲み込んでいて、エサを小さくしたことが奏功したようだ。

大型ナメタガレイも登場

相変わらず潮の流れと風向きが逆のため、船が落ちつかず釣りづらい状態だったが、後半に入っても状況に変化なし。

やがて、竿先に変化があり、しっかりアワせると、ヒラメのような強い引き込み。慎重にリールを巻き上げてくると、大きな魚体が海面に姿を現す。船長のさしだすタモにしっかりと収まったのは、高級魚ゲストのナメタガレイ。

メジャーで計ってみると、50cmジャストの大型だった。

続いて、右舷胴の間から「来たよ!」と声が掛かったので見にいくと、木瀬さんも48cmの同じ魚を釣り上げていた。

船マコガレイ釣りで45cm本命 エサ小さめがアタリ【茨城・弁天丸】ナメタガレイを上げた木瀬さん

当日最大のマコ45cm

これまで「まったく右舷側は釣れないよ」と、ボヤいていた釣友の岡谷さんに突然のアタリ。

見守っていると、なかなか強い引き。浮上してきたのは大型の本命。船長が素早くタモですくい上げ、無事取り込んだ。45cmのサイズに大喜びだった。

船マコガレイ釣りで45cm本命 エサ小さめがアタリ【茨城・弁天丸】岡谷さんに45cm本命