ゴロタでロックフィッシュゲーム 超浅場で20cmムラソイ【南伊豆】

5月11日(土)、静岡南伊豆の伊浜にあるゴロタで、ムラソイのルアーフィッシング。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

釣り場の概況

朝のうちは西伊豆でシロギスを楽しみ、そのあと南伊豆へ移動。現地に到着したのは、10時半過ぎ。ゴロタ海岸にアングラーの姿はなく、この広大なエリアを、貸し切り状態で探り歩くことができそうだ。

当日のポイント図

当日のタックル

スパイクブーツに履き替えて、タックルを手に釣り場へ向かう。毎年感じることだが、シーズン最初のゴロタ歩きは、なんとなくぎこちないのが自分で分かる。こんなところで転倒したら大変なので、いつも以上に慎重になる。

タックル例

水辺まで来てみると、まだ潮位がそれほど下がっていない。そのため釣りやすいポイントが露出してなく、思っていたほど狙いやすいポイントがない。

超浅場でムラソイ!

まず、いつものように左側の伊浜港方面へと歩いた。しかし、思うような場所で竿を出すことができず、諦めてスタート地点に戻る。

いつも、あまり探らない右方向へ、小場所を選びながら歩いていく。この時点で、この歩きにくいゴロタ場をかなり移動。

歩きづらいゴロタ

歩くペースを落とすと、いつもなら通過しているような小場所も狙うようになる。これがよかったのか、思いがけない超浅場から、ムラソイが飛び出してきてくれた。

サイズも20cmくらいなので、岩の間から引き抜くのにかなり重い。エサがたっぷりあるのか丸々と太った個体が姿を見せ始めた。

良型ムラソイが姿を見せてくれた

このあと、ここだと思ったポイントからは、大小さまざまなサイズの本命が姿を見せ、飽きない程度に楽しませてくれた。

最終釣果

気づくとかなり歩いていて、右端の大きな岩や消波ブロック付近まで来ていた。さすがにこれだけ歩くと、暑さもあって疲れる。飲み物を車に置きっぱなしだったので、水分補給のため納竿。

釣果は、1時間ほどで15~20cmムラソイ7尾。シーズン最初にしては、まずまずの釣果で満足。

夏日が多くなり、熱中症にも注意が必要になってきた。できることなら水筒を持ち、無理せず万全の態勢でゴロタ歩きを楽しんでもらいたい。

<週刊つりニュース関東版 野地文雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場ついて
伊浜漁港周辺
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年5月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。