ジギング&キャスティングで8kgヒラマサに大ダイ【エルクルーズ】

様々なターゲットが好期を迎える4月。今シーズンは例年と比較すると、あまり青物の調子は良いとは言えない日も多いシーズンとなっているが、4月末にヒラマサ狙いのジギング&キャスティングで出船してきた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

キャスティングで8kgヒラマサ

午前6時、拠点となる箱崎漁港を出船。朝マヅメが絡んだ時間帯は、キャスティングの釣りも視野に入れて、まずは瀬周りを中心としたポイントを選択。

ジギングとキャスティングに分かれて釣りをすると、まずは開始早々からヒラゴ・ヤズとサイズは少しかわいいが連発。

すると、程なくしたころにキャスティングで狙っていた以前からの釣友・田尾さんにヒラマサがヒット。ヒット直後はそこまで大きくないと予想していたが、船ギワまで寄せて魚体を確認するとなかなかの良型。

無事にネットに収めたのは8kg程のヒラマサであった。

ナイスファイトで良型ヒラマサゲット

ジギングはヒラゴ中心

その後もジギングではヒラゴを中心に連発が続き、再び田尾さんにキャスティングで同サイズのヒラマサがヒットしたが、ショートバイトでフッキングが甘かったのか残念ながらフックアウトとなり、この後のキャスティングで追加したのは60cm程度のヒラゴのみ。

小一時間ほどしたところで反応も鈍ってきたのでポイントを移動することに。

魚礁周りで80cmマダイ

次に向かったのも瀬周りとなるポイントだが、漁師やプレッシャーも多い激戦区。

魚探にはまずまずの反応が映し出されているが、あまりパッとせず釣れるのは40cmのヤズばかり。そうこうしているうちに日も高くなり、キャスティングでの反応も鈍る時間帯になってきたこともあり、ジギングメインでの攻略に切り替え、魚礁をランガンしていく。

そして、いくつかの魚礁をテンポよく打っていくと80cmの良型マダイをキャッチ。

大ダイを見事手中に

続けて5kgほどのヒラマサと魚礁によって反応のムラはあるが、順調に釣果を伸ばしていく中、ジギングに切り替えていた田尾さんも、5kg、8kgと連続でキャッチ。

一日中ヒット続く

ほかのお客さんもコンディションの良いヒラマサやヤズを次々と釣り上げていき、船長である私はシメの作業で大忙しであった。

この時点ですでに上々の釣果となっていたので、この後はポイントを近場に移して根魚などのお土産を追加しつつ、一発大物を目指してキャスティングを中心に狙っていくが、残念ながら釣果はヒラゴのみであった。

しかし、この日は開始から終了までサオが曲がらない時間帯がなかったと言っていいほどコンスタントに魚がヒットしてくれ、春シーズンを満喫した一日となった。

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥/TSURINEWS編>

▼この釣り船ついて
エル・クルーズ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年5月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。