大人気『大山沖』にて2種のロッドでイサキ&大アジに挑戦 胴調子と先調子で検証

多彩な魚の引きが楽しめる船釣り師のゴールデンスポットがある愛知県の大山沖で特性の異なる2タイプのロッドを持ち込み、イサキをメインに大山沖の旬魚に挑戦。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

2タイプのロッドを使い分け

愛知県の大山沖は多彩な魚の引きが楽しめる船釣り師のゴールデンスポットだが、この時期目が離せないのが、イサキだ。高級魚ながら数釣りが楽しめる人気者だが、釣り人の腕や工夫で釣果に大きな差がつくちょっと気難しい魚でもある。

おいしい魚をたくさん釣りたいのは、多くの釣り人共通の思い。そこで、今回特性の異なる2タイプのロッドを持ち込み、イサキをメインに大山沖の旬魚に挑戦した。

朝もやけのなか乗船

午前4時すぎに愛知県・南知多町の片名漁港に到着。当日乗船したのはおざき丸。イサキとフグをメインに、キスやタチウオ、カワハギなど身近な人気ターゲットのことならお任せの大型遊漁船だ。同船は、海水循環装置やキャビンのエアコンなど、釣り人にとってうれしい装備が充実している。

イサキ、アジ、キスなど近海の中小物ならお任せのおざき丸

アルファタックル「FUNETATSU」シリーズ

当日のタックル

乗船の準備とともに、当日使用するタックルをセットする。

今回使用するロッドはアルファタックルのエントリーモデル「FUNETATSU(フネタツ)」シリーズの「ライトゲーム82‐190M」と「同64‐200ML」

82、64という数値はロッドの曲がりの調子を現しており、前者は先調子、後者は胴調子で、誘いや感度を重視する釣り方では前者を、じっくり魚に食わせ、細ハリスでのソフトなやり取りを求める釣り方では後者を選択して使用する作戦だ。

2タイプのロッドを用意

仕掛け 

一方、仕掛けの方は、大山沖のイサキ釣りの大定番、「ショート吹き流し仕掛け」と、形状記憶合金を使用し、感度、張りともに抜群の「夢天ライトチューニングL」をセットし、これに船中統一の80号オモリと、船で用意されたコマセカゴを装着して使用した。

当日使用した仕掛け類と、船で用意されているサシエ

82先調子竿で40cm級アジ!

大きなウネリを乗り越えながら進むこと1時間半、渥美半島を北に臨む大山沖に到着。「水深40m、タナは30から40mの間を探ってください」とアナウンスが流れ、期待を胸に仕掛けを投入した。

2タイプ用意したタックルのうち、先陣をつかさどるのは先調子の「82‐190M」。組み合わせた仕掛けはハリス2号のケイムラタイプで、朝一番の活性が高い魚を、誘い重視の攻めの釣りで釣っていく作戦だ。

まずは先調子のロッドから

どんな魚でもそうだが、基本的に活性が高い個体ほど、群れの上層を泳いでいる。30mまで沈めて止め、少しずつコマセを放出しながら、仕掛けをコマセに同調させて探り下げていく。36mまで沈めたところで、カカカッと小気味よいアタリが来て魚が乗った。

そこそこ型が良いようで、時折ロッドを締め込む。8:2調子のこのロッドだが、魚が掛かると負荷がスムーズに胴へと流れ、適度に曲がり込んでくれる。やがて海面に現れたのは40cm近い良型のマアジ。体高、身の厚みとも、なかなかお目に掛かれない見事な豊満ボディーだ。

当たりのタナがわかったので、ここからは勝負が早い。コマセが効いてきたことを想定し、先ほどより少しタナを上げて誘うと、すぐにヒット。次も見事なアジが浮上した。

でっぷりとして、サイズも申しぶんないマアジが連発

タナを上げて本命イサキ手中!

あまりにおいしそうなのでアジ釣りに夢中になっていたが、ふと我に返る。今日の本命はイサキなのだ。アジより上にいるか下にいるかケースバイケースだが、船中ではポロポロとイサキが上がっており、船の下にいるのは間違いない。

そこで、一気に1.5mほどタナを上げて探ってみることにした。ロッドを立て気味にし、やさしく振ってコマセを放出したあと、ゆっくりロッドを下げて、潮になびく仕掛けをコマセと同調させる。ロッドを水平まで下ろしたら、ここで再びやさしくロッドを上下させ、誘いを入れる。

しばらく待っていると、先ほどと異なる感じのアタリが来た。アワセも決まり取り込みに移ると、相手は首を振ってカンカンとロッドを叩く。「もしや?」と思っていると、上がってきたのは狙い通りのイサキ。型は大きくなかったが、作戦通りに釣れたことが何よりうれしかった。

今季初ものイサキ

次ページで胴調子タックルへ変更