【動画あり】コスパ最強アジングロッド『18コルト』実釣検証 外道にマダイ?!

アジングの魅力は、ヒットまでのゲーム性の高さ、そして豆~ギガサイズまで幅広く狙える面白さにあり。そんなアジングを始めたいけど「最初のロッドは何にしよう…」と迷っている人や、中堅クラスのロッドで「この1本!」というロッドを探している上級者までお勧めなのが、オリムピックの「18コルト」だ。今回は、メタボアジが釣れることで話題の海上釣り堀・小島養漁場でのデイゲームも紹介。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

アジングロッド「CORTO(コルト)」

オリムピック製品の中でも人気のアジングロッド。「CORTO(コルト)」と銘打たれたこのシリーズは、ロッドの性能を追求した「スーパーコルトAT」や驚異的な軽さの「ヌーヴォコルトプロトタイプ」など、徹底したこだわりを感じるラインナップもあり。

そんな中、コストパフォーマンスが圧倒的に優れ、初心者から上級者まで1本持っておけば間違いないのが「18コルト」だ

1本持っておけば間違いなし「18コルト」

万能なのに低価格

価格帯は¥25000~27000円で、長さや重量などによって6タイプに分けられている。6タイプに分けることにより、ジグ単やスプリットショット、ライトキャロなどあらゆる釣り方の他、あらゆるフィールドに対応。

「18コルト」でアジングにおけるほとんどのシチュエーションを攻略することが可能だ。

価格と性能のバランスが魅力

18コルトが優れている3つの理由

・アジングロッドの中でも非常に軽量(50g台)で、高感度。特にグリップ部は無駄を省き軽量化しつつもリグ操作しやすい設計になっている。

・6タイプに分かれたラインアップで、専門的なリグにも対応。上級者にもお勧めしたいロッド。

・そしてなにより購入しやすい価格帯!

ソリッドティップにもこだわりあり

入門者には642がお勧め

ただ、入門者の場合は、6タイプのうちのまず1本だけを選びたいはず。そんな場合はGCRTS-642L-HSがお勧めだ。ジグの操作性と長さのバランスがよく、幅広いリグが使用できる優れもの。まさに「最初の1本」に最適なロッドだ。

各タイプ説明

6つのタイプのスペックを紹介します。

GCRTS-642L-HS

・長さ=1.93m ・重量=53g

少し足場の高い防波堤でもOK。ジグヘッド単体メインで、スプリットショットやライトキャロなど幅広いリグに対応。「最初の1本に最適」でありつつ、上級者も納得の出来。

GCRTS-612L-HS

・長さ=1.86m ・重量=51g

オーソドックスなジグヘッド単体用ロッド。1g前後のジグヘッドに対応。

GCRTS-612L-T

・長さ=1.86m ・重量=53g

ジグヘッド単体よりも重めのリグ(スプリットショットやプラグ)に対応。18コルトの中で最も手感度のよい1本。

GCRTS-572UL-HS

・長さ=1.70m ・重量=50g

18コルトの中で最軽量のロッド。いわゆる「ジグ単スペシャル」で、1gを切るようなジグヘッドを操作する場合に欲しい1本。

GCRTS-6102L-HS

・長さ=2.08m ・重量=57g

642に長さを足したもの。遠投や足場の高い場所により適している。

GCRTS-742L-T

・長さ=2.24m ・重量=63g

18コルトの中で最も長い仕様。ライトキャロに特化した1本。

※さらなる製品詳細はこちら

次ページで実釣検証!