『みっぴ』が胴付き仕掛けの船シロギス釣りに挑戦【東京湾・進丸】

『みっぴ』が胴付き仕掛けの船シロギス釣りに挑戦【東京湾・進丸】

人気女性アングラー『みっぴ』こと秋丸美帆が、今シーズン初の船シロギスに挑戦。神奈川県金沢八景の進丸での釣行をレポートします。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

船シロギスの魅力

ゴールデンウイークが終わり、初夏の暑さを感じる、きょうこのごろですが、休みの間は何をして過ごされましたか?やはりこれだけ長いと、身近な釣りはもちろん、遠征に行かれた人も少なからずいたのではないでしょうか?

今の時期は、釣りをしやすい気候に加え、多くの魚が乗っ込みを迎えている最中なので、休みのたびに「何を釣りに行こうか」と、とても悩みます。

そのなかで、春から夏にかけて手軽に釣れる代表魚といえば、ズバリ!「シロギス」。透き通るようなサンド色に、太陽に照らされると薄紫のパールが美しく輝きます。見た目が美しく、食べて美味しく、そして想像以上に引きの強いキスが今回のターゲット。

東京湾金沢八景「進丸」で出船

お世話になった船宿は、東京湾金沢八景(漁港内)の進丸

『みっぴ』が胴付き仕掛けの船シロギス釣りに挑戦【東京湾・進丸】お世話になった船宿前で

取材時は、まだ水温が安定しないシーズン前だったので、「食いがそこまでよくなくて苦戦するかも」と、思いながらタックルの用意。

竿はメタリアキスM180、リールはカルディナ2500S-XHの組み合わせ。ミチイトはPEライン0.8号です。

胴付き仕掛けがおすすめ

地元の九州では、いつも天ビン仕掛けを使っているので、この日もそのつもりでいると、船長や常連さんに強く胴突き仕掛けを勧められました。天ビン仕掛けに比べてアタリがダイレクトで、とりやすいとのこと。

胴突き仕掛けといえば、エダスが短いカワハギ仕掛けのようなイメージでしたが、キス用はエダスが30~40cmと長く、ステイトはオモリまで10cmと、かなり短くて、とても驚きました。まるで泳がせ釣りの仕掛けみたいです。

慣れない仕掛けを使いこなせるか、ドキドキ準備しながら出船です。

当日の釣り方

ポイントまで、航程約30分。船長の合図ですぐに仕掛けを落とせるように、エサをハリにつけてスタンバイ。いつも、エサのタラシはハリから1.5cmほどにしますが、船長から「エサを早く見つけてもらうことが大事なので、もっと長くつけていいですよ」とアドバイス。

いよいよ、今シーズン初のキス釣りスタート。

天ビンと違って、胴突きは絡む心配がないので、安心して釣りをすることができます。

まず、着底したらオモリで海底をトントントンと弱く、ときに強く叩いて待つ。8~10秒ほど待って、同じ動きを繰り返し。それでもアタリがなければ、ゆっくり誘い上げを入れます。

胴付き仕掛けのアワセ方

今までのキス釣りの概念が覆され、まるでカワハギ釣りをやっている気分でした。

すると、いきなりコツコツ…ゴツゴツゴツと、強いシグナル。思わずアワせると、残念ながらバレてしまいました。「悔しい~」。

胴突き仕掛けはアタリが出やすいけど、乗せるのにコツがいるそうで、少し待って仕掛けを送るか、またはアワせるかはそのとき次第で変えていくようです。

『みっぴ』が胴付き仕掛けの船シロギス釣りに挑戦【東京湾・進丸】乗せるにはコツがいる胴突き仕掛け

連チャンでキスゲット

このテクニカルな釣りに私の心に火がつき、前アタリが分かるようになってから、アワセも送りもせず、カワハギ釣りのように大きく竿を聞き上げて乗せるイメージでやってみると、これが大正解。驚くほど連チャンで釣ることができました。

自分で言うのもなんですが、初めてにしてはかなり上できではないかな(笑)。

『みっぴ』が胴付き仕掛けの船シロギス釣りに挑戦【東京湾・進丸】連チャン!楽しい~♪

キャストで追釣り成功

しかし、調子に乗った私はここでまたキス釣り地獄に陥ることに。

風がやんで波が落ちつくと、船の揺れがなくなり、釣りやすくはなったものの、アタリがかなり減ってしまいました。

「これはもしかして、誘いが弱くなってしまったからではないだろうか」と、軽くキャストして、小刻みに強く叩き、手前まで斜めに引く動きで誘うと再びアタリが増え始め、そこからまた釣果を伸ばすことができました。

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。