波止フカセで50cm超えクロダイ 全員安打達成【和歌山・宇久井港】

波止フカセで50cm超えクロダイ 全員安打達成【和歌山・宇久井港】

5月6日、和歌山・宇久井で尾長グレを狙って沖磯に渡礁する予定だったが、南からのウネリが取れず、安全第一を考え断念。クラブ仲間の大塚さんと地元の滝谷さんと私の3人で宇久井港の川尻でチヌを狙ってサオを出すことにした。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

加工オキアミと練りエサで勝負

早朝、現地にてまずはまずはまきエサの準備から取りかかる。

今回用意したのは、生オキアミ6kgにマルキユーのチヌパワー激重とチヌパワーV9遠投を1袋ずつでブレンドしたもの。沖に遠投できるように少し硬めに練って、最後にマキエブレンダーでほぐして仕上げた。さしエサはくわせオキアミスーパーハード(L)とネリエサの喰い渋りイエローを用意した。

まきエサを釣り座の前方、サオ2本分ぐらいに打ち込みポイントを作る。焦る気持ちを抑えてタックルの準備に取りかかる。

波止フカセで50cm超えクロダイ 全員安打達成【和歌山・宇久井港】当日の仕掛け

フグに続きヘダイ30cm級

午前5時ごろから釣りをスタート。2投、3投と重ねるがアタリがないままさしエサだけが取られる始末。そこでハリスの中間にジンタン5号を打ち、タナを3ヒロにして探る。数投目、ウキが威勢よく海中に消えた。釣り上げたのは、エサ取りのフグ。

再度、同じ場所に仕掛けを投入してまきエサを十分に打ち込む。

するとラインを引っ張るアタリが出た。先ほどよりも手応えがあり強い引き。釣り上げたのは、30cm近いヘダイ。

50cm超えを頭に連発!

徐々に状況変化が現れてきた様子。そこで、まきエサを打ち込んだ潮下に仕掛けを投入して探る。

するとウキがゆっくりと海中に沈んでいく。途中からスピードを増して海中に引きずり込まれた。大きくアワセを送るとドスンと手応え十分だ。チヌ独特の引き、その上重量感があり大型と確信。

慎重にあしらい釣り上げたのは、口元が白く50cmを超えている大型チヌだ。

波止フカセで50cm超えクロダイ 全員安打達成【和歌山・宇久井港】50cm超のチヌがきた

その後、続いて右隣でサオを出していた滝谷さんがアタリをとらえ大きくサオを曲げた。釣り上げたのは、45cm近い良型チヌ。さしエサは喰い渋りイエローだった。

川尻にいちばん近い大塚さんもさしエサを喰い渋りイエローに変更して仕掛けを投入。数投目、アタリをとらえ大きくサオを曲げた。釣り上げたのは、40cm近い美形のチヌだ。

波止フカセで50cm超えクロダイ 全員安打達成【和歌山・宇久井港】大塚さんにもチヌ

次のページで最終釣果と今後の展望

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。