2日間のクロダイ船で本命30尾超え 乗っ込み絶好調【千葉・太海丸】

2日間のクロダイ船で本命30尾超え 乗っ込み絶好調【千葉・太海丸】

乗っ込みを迎えたクロダイを狙って、内房金谷の太海丸を訪れたところ、好釣果にめぐまれた。今回は4月23日、26日の釣果をお伝えしよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

船からクロダイを狙う

2日間のクロダイ船で本命30尾超え 乗っ込み絶好調【千葉・太海丸】当日のタックル

4月23日(火)、8人を乗せて高濱清船長の操船で7時に出船。

ポイントまでは航程10分ほど、水深は28mだ。船が流されないようにアンカーを投入、開始の合図がでる。

私は良型アジも狙おうと、ウイリー仕掛けで挑戦。タナはクロダイより高く、下から4m前後を探る。飽きず、さぼらず、2回のコマセワークで巻き上げて、コマセを詰めなおす。

船中では開始10分で1尾目のクロダイが上がった。その5分後に2尾目。

「これはアジを狙っている場合ではない!」と、すぐにクロダイ仕掛けにチェンジ。チヌ2号の1本バリ、付けエはオキアミ。タナは下から1~2m。

開始すると3連発。さらに45cmの特大アジが掛かった。

クロダイは順調だが、ふたたびアジを狙うと、コンスタントに40cm前後が掛かる

9尾をキープしたところで沖上がり。釣果は34~45cmが2~12尾だった。

2日間のクロダイ船で本命30尾超え 乗っ込み絶好調【千葉・太海丸】クロダイも大アジも絶好調

別日はクロダイ21尾!

4月26日(金)は3人で出船。この日もアジとクロダイを両方狙う枝バリはウイリー2本のアジ狙い。先バリは空バリにオキアミを装餌。

開始すると、私にはアタリがなくスロースタート。

「このままでは釣れないツボにはまってしまう」と、コマセワークを変えてみる。

これまで多くまいていたコマセをパラパラと少なくすると、これが正解クロダイが連続ヒットして気合が入る。ウイリーにも食ってきた「とても重いぞ」と巻き上げると、なんとクロダイのダブル。

2日間のクロダイ船で本命30尾超え 乗っ込み絶好調【千葉・太海丸】コマセワークでダブルクロダイ

この状況でウイリーは、エサ取りでなくなったときのアシスト的存在になっている。

好調は続き、なんと21尾をゲット。30分早く沖上がりした。

金谷沖の乗っ込みクロダイはトップシーズンに突入、ヒートアップしている。

<週刊つりニュース関東版 APC・木村英行/TSURINEWS編>

▼この船について
太海丸
エリア:内房エリア
出船港:金谷港

2日間のクロダイ船で本命30尾超え 乗っ込み絶好調【千葉・太海丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年5月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。