波止フカセ釣りで54cmマダイにチヌ5尾【鹿児島県・広瀬の堤防】

4月3日、鹿児島県霧島市国分の広瀬の堤防に、フカセでのチヌ釣りに出かけた。良型の本命の他、嬉しいゲストにマダイもヒット。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

当日のタックル&エサ

当日の仕掛け

午前4時に到着。足場のいい先端に釣座を構え、まきエサ作り。オキアミ生1角に、粘りがあって塊のまま飛んで遠投が利くブレンド材の俺のチヌと、匂いが強烈な発酵麦が大量に入っている麦黒鯛を1袋ずつ混ぜ合わせた

つけエサは生イキくんチヌと、めっちゃ喰う!(練りエサ)トウモロコシとオキアミを用意。

当日の状況

5時に私と同じ釣りクラブの酒匂君がやってきて、彼は堤防の中間付近に釣座を構えた。

当日の釣座

明るくなってきて、サオ3本先にまきエサを多めに入れながら仕掛けを作り、6時に釣り開始。当日は中潮で、満潮が6時30分。上げ潮が左にゆっくり流れていた。

釣り方

先打ちまきエサを4杯入れて仕掛け投入。後打ちで4杯入れ、仕掛けがなじんでウキが見えづらくなったら、さらに2杯。完全にまきエサの煙幕の中に仕掛けが包まれている。

サオ先にミチイトのたるみを20cmほど作る。仕掛けが潮に流され、たるみがなくなれば、また20cmほど送る。アタリは、ウキが沈むまではウキを見て取り、仕掛けがなじんでウキが潜行するとミチイトのたるみで取る。

54cmマダイがヒット!

1投目、つけエサが残ってきた。まきエサがまだ効いていないのか。次は少し時間をかけて仕掛けを流し、回収しようかと思ったころにミチイトのたるみが一気になくなり、リールのスプールに添えていた指がバチッと弾かれた。アワセを入れると、ミチイトを引き出しながら沖に逃げていく。

魚の走りが弱まったので、リールのベールを掛けてやり取り開始。チヌにしては、よく引く。

やり取りを楽しみながら浮かせたのはマダイだ。大事にタモですくって、メジャーを当てると54cmだった。「取ったでごわす!」雄たけび一発。

49.5cm本命クロダイも!

49.5㎝のチヌ

次も同じように仕掛けを流していくと、またアタリが来た。コックン、コックンと首を振る引きは本命のチヌだ。取り込んだのは48cmだった。

続けてもう1尾追加し、満潮を迎えるとアタリが止まった。下げ潮が動きだしたが、流れの向きは上げ潮と同じだ。水門から出ていく潮と本流の合流点を攻めると、型は小さくなったが3尾釣ることができた。

10時に潮が引いて、水深が2mほどと浅くなったのでサオをたたんだ。

次のページで最終釣果発表!