マイボートカレイ釣りがまさかのマダイ2連発【大阪・関西空港橋脚下】

『令和』の由来となった万葉集にある歌のように風和らいだ4月14日、マイボートで関西空港橋脚下に釣行した。関西空港の周りは大阪府漁業調整規則で禁漁区が設定されており、魚影は濃い。同行は大阪市内のスーパーで鮮魚売り場主任をしている川合さん。当日は釣った魚を料理してもらった。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

関空橋脚下にて実釣開始

関空の橋脚下がポイント

朝5時に出港。メールで強風波浪注意報の発令を知るが、曇天だが波もなく風もない。たぶん風向により風裏になっているのだろう。気圧配置からしてそのうち風向きもかわるので、用心して5時半過ぎにポイントの関空橋脚下に到着。

ルアーロッドでカレイ釣り

風も潮も止まって動くものがないくらい静なので、「メバル凪」かと思い、少しメバルサビキを試すが反応がない。早々に見切りをつけて橋脚の潮表が狙えるようにアンカーを入れる。

狙いはカレイなので、投げ釣り仕掛け(ハリス4号、ケン付丸セイゴ14号)を使う。ルアーロッドにジェット天秤20号というのが当日のタックル。ルアーロッドでのチョイ投げは、アタリがよくわかり面白い。

エサはアオイソメ。2匹掛けにして軽く投げて橋脚の捨て石カケアガリを狙う。オモリを転がしてカケアガリに落ち着かせる意味でもジェット天秤は最適のアイテムだ。

近くで底引き網漁船が操業しているため、網が入る場所は期待薄なので捨て石際だけを狙う。しかし小一時間はアタリなし。カレイは腰で釣れと言われているが、あまりにも釣れない。ハリのサイズを落とそうかと考えていた時、サオを持っていかれるくらいの大きいアタリ。アワせると頭を振っている。

まさかのマダイ!

カレイではないアブラメかと思ったが、底に何度も突っ込む独特のアタリ。コブダイかと考えていると、気泡とともに白い魚体が見えた。やはりコブダイかと浮かせてくると、ピンクの魚体にアイシャドウが見える。

タモに収まったのはまさかのマダイで40cm強だった。

仕留めたマダイを手に

やはり魚も花もピンクがいいと眺めていると、尻尾が養殖魚のように丸い。天然マダイだけど養殖マダイのよう。つまり半天然。イケスに入れておくと余計養殖魚のようになってきた。

40㎝級のマダイ

さらにマダイヒット

川合さんにも大きなアタリ。ゆっくり上げてきたのはサイズこそ私のより小さいが、ヒレピンのきれいな天然マダイ。30cmに届かないがピンクが美しかった。

マダイがヒット

その後2人とも新鮮なエサに付けかえ午前9時半過ぎまで粘るものの、釣果を得ることはできなかった。

その場でお刺し身に

帰港後、ボートの片づけをしている間に川合さんに魚をさばいてもらう。 刺し身を作ってもらい、その場で桜ダイを味わった。カレイは釣れなかったが、マタイがゲストだったのでよしとしよう。

マダイはその場でさばいてお刺し身に

これからの季節、水温も徐々に上昇して小さなイワシやアジなどのベイトが回遊してくれば泉南の海も賑やかになるだろう。

<有吉紀朗/TSURINEWS・WEBライター>