日立沖オキメバル船38cm頭に46尾 6点掛け連発【茨城・弁天丸】

茨城日立沖のオキメバルが絶好調。4月13日(土)日立会瀬漁港の弁天丸から狙った。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況

集まったファンは総勢11人。右舷6人、左舷5人に分かれて乗り込み、私は右舷胴の間に座る。5時20分、阿部正美船長の舵取りで出港し、真沖を目指す。天候は朝から快晴、北西の微風でナギだが、シケ直後だけに底荒れが心配だ。

25分ほど走るとスローダウン、潮回りに入る。6本バリに、船で配られたサバの短冊を装餌する。支給されたサバ短の皮側の端中央にハリを刺し、チョン掛けにしてスタンバイ。

タックル図

パーフェクト6点掛け!

スタートから多点掛けの人たちも

やがて反応をとらえると、軽く制動がかかり「はい、いいですよ」と投入の合図。水深は45mほどだ。

オモリが着底したらイトフケを取り、1mタナをきると、グッグッと竿先がリズミカルに弾み始める

「アタッてもすぐには上げずに多点掛けを狙ってよぉ!」と船長からゲキが飛ぶ

穂先はブルブルと振動を続けながら、次第に海中へ引き込まれていく。ころあいをみて巻き上げるにかかると、とにかく重く、心地いい反応が手元に伝わってくる。中オモリが見えたところで、竿を立てながら引き寄せて海中をのぞき込むとオレンジ色の魚が連なって見える。

1投目から6点掛けのパーフェクトヒットだ。しかも、30cmを超える良型ぞろい。

船中連続ヒット!

再投入すると、またもすぐに竿先がガタガタとたたかれる。これも十分に食わせると、同サイズがオールヒット。これで底荒れ後の食い渋りの不安はなくなった。

船中あちこちで次々に良型のオキメバルが取り込まれていく。「だんだん食わなくなってくるから、効率よく釣ってよ。」と船長からはゲキが追加。これも「できるだけ多く釣って帰ってもらいたい!」という熱意の表れだ。

乗船者みな満足

連続ヒット

右舷ミヨシ寄りには宇都宮から来た3人組が和気あいあい、レンタルタックルで楽しんでいる。

広木さんがオキメバルとソイを一荷で取り込み「ここの船長はメバルが得意で、釣らせてくれるから、いつも3人で遊びに来ています。」とコメント。仲間の上田さんはダブルで取り込み「型がいいから引き込みが強くてたまらないですよ」と満足げ。

トモ寄りでは富田さんが「メバル釣りはあまり慣れていません。」と言いながらも多点掛けを連発する。

左舷胴の間では初心者の川合さんが、船長のアドバイスを受けながら連発。「アタリ、引き込みがリズミカルで楽しいですね」とコメント。すっかりハマッたようだ。

トモの和田さんは「釣趣も食味も満点だから、この時期はメバルオンリーだよ!」とトリプルで取り込みにっこり。

胴の間で竿を振る兼崎さんは「メバルは煮付けが最高。家族のリクエストでよく来るよ。」と言いながらトリプルで取り込む

ミヨシの鈴木さんは「健康のために沖釣りを続けています。どんな釣りでもやるけれど、オキメバルは数釣れるから面白いよね。」

だれも順調に数を伸ばし、釣趣を満喫していたが、サバが回遊してくるとオマツリがひん発。船長はサバの群れをかわしながら、こまめに移動をくり返し、次々に新しい根を探ってくれる。サバに邪魔されながらも確実に数を伸ばすことができた。

次のページで最終釣果発表