泳がせ釣りでハタ類好釣 イワシ釣れずウグイで活きエサ代用が的中

年末に予定していた活きイワシの泳がせ釣りで狙う根魚五目が悪天候で流れてしまい、再挑戦の機会をうかがっていたところ、4月13日にお誘いを受けたので、ようやく釣行することができた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

最終釣果

ようやく良型を手にできてホッとひと息。だが、終了が近くなってきたころ、後ろの市岡さんから「ビッグヒット~」との声。大きくロッドが絞り込まれ、大きくたたかれている。しばしのファイトで船長がタモ入れしたのは、これまた50cm近いナイスなマハタだった。

その後、オオモンハタやホウセキハタなどを数匹追加して、根魚五目にふさわしい釣果になってきた。そして正午を回ったころに終了。釣果は全体でマハタ2匹、ホウキハタ1匹、キジハタ1匹、オオモンハタ2匹、ホウセキハタ2匹、ウッカリカサゴ、アヤメカサゴ多数だった。

黒ちゃん丸での泳がせ釣りはイワシの入荷がある限り出船可能だが、今後はタイラバやスーパーライトジギングも面白くなってくるだろう。

根魚五目達成で多彩な釣果に

<週刊つりニュース中部版 APC・水野武司/TSURINEWS編>

▼この船について
黒ちゃん丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年4月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。