憧れのマイボート所有にかかる費用をパターン別に紹介 最安は30万?

釣り人ならだれでも一度は「マイボートを所有してみたい!」と思ったことありませんか?その際ネックになるのはやはりお金。「一部のセレブの遊びだろう」というイメージがついているボート所有。実際、どれくらいのコストがかかるのか、見てみましょう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

購入の前に免許取得!

2馬力を超えるエンジンを搭載する場合、小型船舶免許が必要になります。1級と2級があり、航行可能な範囲が変わってきますが、釣りをするだけなら2級で十分です。

ヤマハやスズキマリン、セントラルボート、マリンライセンスロイヤルなど、複数の企業が船舶免許講習を実施しています。

講習風景

免許取得費用は10万円ほど

国家試験費用を含み、2級船舶免許であれば10万円ほどです。企業によってはキャンペーン割引期間を設けている場合もあるので、そのタイミングを狙えばお徳に取得できるかも。

実技講習風景

プレジャーボートの価格

上を見たらキリがないプレジャーボート。釣りをするのに十分なレベルに限ると、高いもので500万円ほどです。数億円に比べればまだ手が届きそうと感じてしまいますね。

憧れのマイボート

この価格帯になると、マリントイレの専用スペース、キャビン(室内)、しっかりとしたシートがあるなど、マリンレジャーを快適に楽しめる装備が整っています。

トイレも完備

お手頃価格が売れ筋

お手軽価格

もちろんもっとお手頃値価格のものもあります。安いもので200万円ほどのものもあります。高価なものとは違いキャビンはなく、モデルによっては屋根もありません。デッキに操縦桿が設置されているだけのシンプルなタイプになります。

それでも釣りをするには十分で、むしろ船上に設備がないぶん、動き回ったり、キャストしやすかったりと利点は多く、メーカーによっては一番の売れ筋になっていることがあります。

中古艇を探そう

自動車と同じで中古市場が整っています。製造メーカーでも取り扱っていることがあり、メンテナンスの面でも安心できるので、状態のいい中古を探すのもいいでしょう。

新艇の半値程度でまだまだ綺麗な船を手にすることができるかもしれません。

船の置き場はどうする?

最大の難点、船の停泊場所。 こちらは駐車場同様ランニングコストが当然かかります。

置き場の主な方法は2つ。

専門のマリーナに置く

マリーナ風景

高級なマリーナであれば、契約金や保証金で1000万を超えたり、年間に数百万からの料金がかかったりします。まさにセレブの遊びと言えるでしょう。

安いマリーナでも年間数十万円からを覚悟しなければいけません。その代わり、シャワーや更衣室、万全なサポートなど至れり尽くせりのサービスを受けることができます。

憧れますね

漁港に置く

実は、マリーナよりも安く停める事ができます。それは県に許可をもらって停泊する方法です。

陸っぱりで釣りをしていると、港内に停泊しているプレジャーボートを見ることがあると思います。こちらは年間数万円からというリーズナブル価格で利用することが可能になります。

しかし許可している港としていない港があることや空きがなければ募集されないこと、またはプレジャーボート用の設備が皆無であるなど難点も存在するします。

それでももし見つけることができれば駐車場並みの価格で使うことができます。ただあくまで漁港なので職漁船の邪魔をしないような配慮が必須になります。

違法係留はNG

これは論外です。時折、「なぜこんな場所に停まっているのだろう」というボートを見かけることはありますが、それは違法係留の可能性があります。

大きなトラブルになる可能性が高いので絶対にやめましょう。

次ページで最安プラン紹介!