4日間ウナギ釣行で本命4尾 『令和』発表記念釣行も?【愛知・筏川】

毎年この季節は、休日のたびにツクシを採取し、湯がいて冷凍にしておく。これで一年中わが家のつまみとなる。それはついでと春のウナギを狙いにいつもの筏川橋周辺に出向いた

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ウナギ釣り

初日はウナギ1尾

3月23日、午前4時に愛知県の筏川橋の南側に陣取り天然ウナギを狙った。水位は低く、水面にはボラの新子があちらこちらで群れをなしている。エサのエビを採取するとき、必ずこの邪魔なボラがタモに入るので困ってしまう。

筏川橋周辺の交通図

エビを尾掛けにして、いつも通り対岸までの網の横に遠投する。大切なサオを水中に引きずり込まれないように、片方はロープで車に結んでおく。

5分ごとに数mリールを巻いて天然ウナギがハリに乗っていないかチェックする。リールを巻き上げたら、毎回新しいエサに交換する。しかし、ハリに乗るのはブルーギルばかりで、1時間で6匹ゲット。

ツクシ採りも

午前5時半、サオ先がガタガタと打ち始め、いよいよその時がきた。獲物の口にハリが刺さるようにサオをしっかりしゃくり上げてから巻き上げる。だが水面にニョロニョロが見えた時、ハリから外れて逃げていった。

気を取り直して同じ場所に遠投すると、すぐにアタリがあり、なんとかニョロニョロをゲットすることができた。

24日はコイとのバトルから

連休のため、前日に続いて24日も釣行。しかし、この日は大きなテナガエビやおなかに卵を抱いているモエビは少なく、悩みもの。そのなかでも食いが良さそうな、やわらかそうな大きめのエビを選んで遠投した。

タックル例

午前4時30分、一気にイトが水中に引き込まれてバトルスタート。ところが尋常な引きではない。10分ほどのバトルの末にタモに入ったのは、50cmほどのコイだ。

バタバタと跳ねられ、ポンチョもすぐ横に駐車した愛車もビシャビシャ。

車横付けポイントで楽々

60㎝極太天然ウナギ

仕掛けを新品に取り換え、生きのいいエビをハリに付けて遠投する。すると午前4時50分、堤防に立て掛けてあったサオの鈴がチリンと1回だけ鳴り、すぐに静かになった。

今年初のウナギを釣ったときも引いたような引かないような状態だったので、試しにそっとシャクってみると、何かがハリに乗っていた。

ゆっくりリールを巻くと、なんと美しい極太天然ウナギではないか。ウナギはシッポから逃げていくので、タモに入れたからといって安心できない。検寸すると60cmほどの立派なウナギだった。

立派なサイズのウナギをゲット

当日は家内との約束もあったし、東の空が少しずつ明るくなってくると小雨が降り始めたので、ここで納竿とした。

30日もウナギを狙いに

30日は夕方から雨が降るとの天気予報。今年度最後の釣行は、午前4時半に釣り場に到着した。短時間勝負と決めたときに限り、文句のない大きなテナガエビや、卵を抱いた太ったモエビがたくさん採取できるものだ。

24日同様、海南こどもの国の南側に陣取って遠投する。寒くはないが、風でサオ先の鈴がチリンチリンと鳴り続けるため外し、その分サオ先に集中する。今回も5分したら5mほどリールを巻き、仕掛けを上げたら生きのいいエサに付け直す。

海南こどもの国の南側の様子

仕掛け投入を繰り返していると、午前5時30分にサオ先がコツコツとお辞儀をした。しっかりエサを食べてくれと願っていると、コツコツの後にピーンとイトが張った。

50cmウナギ!

間違いなく獲物がハリに乗ったと確信してサオで聞くと、グイグイとイトを引っ張っていくではないか。

慎重にリールを巻き、ニョロニョロが水面に見えた時は興奮度MAX。無事タモ入れも完了し、おなかが真っ黄色の紛れもない天然ウナギをゲットした。

今シーズンになって6匹目のニョロニョロ。50cm以上あるし、太さも十分あったのでお持ち帰りすることにした。

午前6時近くになると、対岸に何人かヘラ釣り師が見え始めた。ヘラ釣りは「静」の釣りなので、投げ釣りドボンの私は邪魔をしてはいけないと納竿した。

次ページで令和発表記念釣行?