投げ釣り大会アイナメの部で優勝 66cmスズキも【兵庫・林崎漁港】

投げ釣り大会アイナメの部で優勝 66cmスズキも【兵庫・林崎漁港】

3月24日「第2回フィッシング光杯投げ釣り大会」が、神明間及び淡路島全島で開催されたので参加した。釣友たちは前日の夜から淡路島へ走ったが、私は地元で頑張ることにして、昨年秋に46cmの特大イシガレイをヒットさせた明石の林崎漁港へ入る

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

tsurinews編集部関西

×閉じる

海釣り 堤防釣り

アブラメ登場

ようやく、船の出入りが静かになったのが8時過ぎ。急いで再開すると、すぐにガンガンとサオ先をたたく大きなアタリで30cmのポン級アブラメ(アイナメ)がヒット。

これは審査対象魚となるので思わずニッコリ。

次も26cmのアブラメが釣れた。

最後の最後に本命が

何とか本命のカレイが釣りたいと思ったが、期待の潮が10時ごろに緩んでしまった。残り時間もわずかだが、潮がわりを待っていると、ゆっくりと東へ流れ出した。流れ藻も多くて困ったが、最後に手の平級のマコガレイがヒット。型には不満だが、釣友たちは淡路島でさっぱりと言うので、対象魚を揃えることができて大満足で11時に納竿。審査会場になる明石港のベランダへ急ぐ。

12時から審査が行われ、私のアブラメが29.9cmでアイナメの部で優勝。副賞の高価なクーラーを頂いてラッキーな一日になった。

投げ釣り大会アイナメの部で優勝 66cmスズキも【兵庫・林崎漁港】クーラーボックスをゲット

大会成績

カレイの部 優勝・葉田孝一39.7cm、準優勝・岸 武宏36.5cm、3位・森本創太30.6cm

アイナメの部 優勝・松尾幸浩29.9cm、準優勝・出井正人25.4cm、3位・岩崎正彦24.4cm、

ガシラの部 宮本秀明19.3cm

レディースの部 北詰恭子 アイナメ19.3cm

<松尾幸浩/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
林崎漁港

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。