投げ釣り大会アイナメの部で優勝 66cmスズキも【兵庫・林崎漁港】

投げ釣り大会アイナメの部で優勝 66cmスズキも【兵庫・林崎漁港】

3月24日「第2回フィッシング光杯投げ釣り大会」が、神明間及び淡路島全島で開催されたので参加した。釣友たちは前日の夜から淡路島へ走ったが、私は地元で頑張ることにして、昨年秋に46cmの特大イシガレイをヒットさせた明石の林崎漁港へ入る

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

tsurinews編集部関西

×閉じる

海釣り 堤防釣り

当日の状況

現地に午前6時前に到着し、好ポイントの白灯台大波止先端部で釣り座を取る。早朝の冷え込みは厳しかったが、風も弱くて絶好の釣り日和になりそうな雰囲気。しかも、先端部はがら空きで、広範囲に探れそうと一安心。

投げ釣り大会アイナメの部で優勝 66cmスズキも【兵庫・林崎漁港】白灯台先端部

当日のタックル

早速、タックルをセット。投げザオは新しく戦列に加わったウインドサーフ33号の405、リールはパワーサーフSS4000QD。オモリは遊動テンビン30号。ハリはカレイバリ15号の2本バリ。マムシをたっぷりと刺してフルスイングで遠投。

投げ釣り大会アイナメの部で優勝 66cmスズキも【兵庫・林崎漁港】 当日のタックル

まずはスズキから

目の前は激流で有名な明石海峡だが、まだ潮も緩くて釣りやすい状況。次のサオを用意していると、早くも「ジィーッ、ジィーッ」とQDドラグが悲鳴をあげた。

慌ててサオに飛びついてバシッとアワせるとズシッとした重量感で乗った。最初は大判のレイと思ったが、グイグイと強烈に締め込み走り回るので、スズキと直感。慎重に寄せてランディングしたのはやはり66cmもある見事なスズキたった。ただ、この日の大会ではスズキの部がないので、うれしさは半減である。

投げ釣り大会アイナメの部で優勝 66cmスズキも【兵庫・林崎漁港】1投目からスズキ66㎝

潮変わるも・・

それからは、西へ込み潮が走りだす。

特大カレイをヒットさせた潮回りでチャンス到来とよろこんだが、当日は沖で作業をする海苔船が次から次と港から出ていき、ラインを掛けられるのでキャストができない。これは先端周りでサオを出す場合の宿命だから仕方がないと待機する。

次ページではアブラメに本命カレイも!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。