天秤タチウオ釣りでクーラー満タン エサ付け改め連発!【東京湾】

東京湾金沢八景からタチウオ釣りへ行きました。クーラーもいっぱいになるほど堪能。釣行後は、釣ったタチウオで旨味凝縮一夜干しを食す。レシピも公開。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日のタックル

3月27日(水)、東京湾金沢八景からタチウオ釣りへ行きました。この釣りは、昨夏以来の挑戦になります。「たくさん釣るぞー!」

今回のタックルは、ロッドが7対3調子の2.4mに小型電動リールの組み合わせ。ミチイトはバリバス小船マスターPEライン2号300m。仕掛けは1本バリで、オモリは60~80号を使います。

7時30分に出船。ポイントまでは45分ほどで、船長の指示ダナは60m。仕掛けを落としたら、ゆっくり電動スイッチを入れてシャクります。

タックル例

ポイント移動でヒット連発!

でも、なかなかアタりません。ポイントを移動して再投入。今度はさっきよりも深い場所になりました。速度に変化をつけながらシャクっていると、一瞬、違和感が…。

フワッと竿先が浮きました。ここで、すかさずアワせると、グイッと竿が曲がります。「よし、掛かった?」。この日1尾目のタチウオゲットになりました。

この流し以降、船中バタバタと上がっていきます。一度タナを見つけると、そこに合わせてシャクればとにかくアタリが出続けます。しかし、エサだけ取られてしまうパターンも結構ありました。

エサ付け改め良型!

そこで、いま一度ていねいなエサ付けを心がけます。アタリがでたら確実に掛けるため、真剣に竿先を見つめながらシャクっていきます。

すると、一定のリズムを刻んでいる竿先がリズムを崩して曲がりました。「きたっ」。思いきりシャープにアワせると、グイーンと竿が曲がります。「大きいかも!」。水面に向かって竿がすごい勢いで曲がっています。抜き上げるとき、バラさないよう素早く取り込むと90cmの良型が釣れました。

クーラーいっぱいに!

次はドラゴン級を狙うぞ!

このあと、タチウオの鋭い歯に、何度か仕掛けやミチイトを切られたりしながら追釣。たくさん釣っている人は、とにかく掛けてから抜き上げて、再投入までの動きがとてもスムーズで無駄がありません。

私も負けじと急いで投入します。エサのサバ、コノシロの切り身は均一な厚さにしてあげるとエサ持ちがよく、ハリ掛かりもよかったです。

水深は140mまで深くなります。ここまでの水深になると、魚が掛かってから、途中でバラしてしまう回数も増えました。バラさないために、リールの巻き上げる速度や竿の持ち方が、慎重になります。

着々と数を増やしていき、気づけばクーラーは魚でいっぱいになってきました。食べるに十分な数が釣れたので、少し早めに納竿。

感想

久しぶりのタチウオ釣りは、真夏とはまた違い水深が深くなり、釣れるタイミングでどれだけ手返しよくできるかが、ポイントになりました。掛かったときに焦って何度かバラしてしまったので、次回は落ち着いて、もっと数を伸ばしていけたらと思います。

タチウオは大きければ大きいほど美味しいと思うので、今度はドラゴン級の大きなサイズを釣りたいな。

次でタチウオ一夜干しレシピ