【玄界灘・響灘】沖釣り最新釣果情報まとめ 船中マダイ50尾!

玄界灘&響灘から沖釣りの好釣果が届いたzo。特に春のマダイが好釣だ!クーラーに入り切らない釣果も!今回はマダイを中心に最新釣果情報をまとめてお伝えしていきます!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

玄界灘:寿風(よしかぜ)

玄界灘では乗っ込み本格化で『のぼりダイ』急伸中。

佐賀県伊万里市の久原港から寿風で3月17日に釣行した伊万里市の東さん(写真)は初めての船釣りでマダイ3kgを釣り上げた。

初めてのタイ!

6~8kg前後の大ダイ釣れ始めて高級根魚も交じって船中にぎやかな春の大物釣りで盛り上がってきた。

▼この船について
寿風
エリア:伊万里エリア
出船港:久原港

玄界灘:幸風

3月19日、福岡市中央区港かもめ広場前から出船している幸風は玄界灘のタイラバに出船。乗っ込み体型のマダイ7kgなどがヒット。

乗っ込みのタイが好釣!

マダイは船中で40~50尾取り込まれており、青物も交じって大型魚の強引を楽しめる。

▼この船について
幸風
エリア:玄界灘エリア
出船港:中央区港

玄界灘:昭隆丸

3月19日、糟屋郡の忠津さんは福岡市西区姪浜の姪浜漁港から昭隆丸に乗船して玄界灘のエビラバに釣行。桜ダイのシーズン開幕だ。

桜ダイ楽しんだ

コンスタントに良型マダイを釣り上げてアオナやレンコダイもよく、クーラーを満タンにした。

▼この船について
昭隆丸
エリア:福岡エリア
出船港:姪浜港

玄界灘:第一ゆひな丸

3月9日、福岡市中央区港かもめ広場前の第一ゆひな丸は玄界灘のタイラバに出船。船中でマダイは4.5kg頭に50尾の好調。

タイラバでも爆釣だ!

エビスヤさんも乗っ込み大ダイをキャッチ。ブリやアオナ、ヒラメ、レンコダイなど交じって土産十分。

▼この船について
第一ゆひな丸
エリア:福岡エリア
出船港:カモメ広場前

玄界灘:榮幸丸

3月18日、福岡市西区宮ノ浦港から出船している玄界島の榮幸丸は玄界灘のタイラバ~ジギングへ。マダイは乗っ込みの大型狙いシーズン。5kgクラスを含め2kgなどがヒット。

両型のマダイにビックリ!

根魚のアオナが交じり、レンコダイの土産もできている。

▼この釣船について
榮幸丸
出船場所:宮浦港

玄界灘:海遊丸

玄界灘に桜ダイシーズン到来。

3月19日、福岡市西区姪浜の姪浜能古島渡船場から出船している宮ノ浦の海遊丸で中園さんがマダイ10尾、ヒラメ、アオナ、レンコダイなどでクーラーに収まりきれないほどの好調ぶり(ヒラメは生かして持ち帰り)。

爆釣でクーラーに入らず!

タイラバ、エビラバを行い船中でマダイはメタボな5・5kgを頭に42尾、ヒラメ7kg、アオナ12尾、ネリゴ、ホウボウ、レンコダイ60尾前後の釣果。

船長は「朝からリールのドラグがジリジリと鳴き、3~5kgのマダイが次々と上がった。潮が引き潮で走りだすとマダイのやる気は満々でバラしても再アタックしていた」と話す。

▼この釣り船について
海遊丸
出船場所:姪浜能古島渡船場

響灘:天力丸

3月18日、北九州若松・脇田漁港の天力丸はメバル狙いで響灘方面へ出船。

当日は天気も良くナギの海で、今回メバル釣り初挑戦の釣り人に34cmの尺オーバーを含めて良型メバルが4連、5連と良く釣れた。乗船者各自が大満足の釣果だった。メバルは好調続き、今後も好ヒット期待大。写真は4連掛けを披露してくれた八幡西区の寺本さん。

4連メバルにニンマリ!

19日にはアジ泳がせで良型ヒラマサ、オニカサゴ、アコウ、ボッコなども上がっており、こちらも釣果狙いめ。

▼この船について
天力丸
エリア:北九州エリア
出船港:若松脇田港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年3月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。