エギングで2.1kgモンスター 春イカシーズン到来【三重・尾鷲湾】

エギングで2.1kgモンスター 春イカシーズン到来【三重・尾鷲湾】

でかイカシーズン到来。まだまだ走りだが、沖でのエギングで春のキロアップモンスターアオリイカをキャッチ。今年は接岸が早いようだ。当たり年の予感がビシバシ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

尾鷲湾のアオリイカ近況

春のモンスターアオリイカをキャッチ。なんと3月6日の釣行で、三重県・紀北町引本浦から出船するエヌテックマリンにおいて2kgオーバーを含む、キロアップ4匹の釣果に恵まれた。

例年であれば、この時期はまだまだデカイカシーズンのハシリ。しかし今年の尾鷲湾は水温が高く、デカイカの接岸が早いようだ。今年は当たり年の予感。その時の模様をお伝えしよう。

当日のエギングタックル

当日の出船は午前7時。狙う水深は20m前後。

エギングで2.1kgモンスター 春イカシーズン到来【三重・尾鷲湾】当日のタックル

風や潮流の影響で効率のいい釣り方を選択するため、タックルはエギを投げてアプローチするキャスティング用と、船を流して広範囲を手返しよく探るティップラン用の二刀流で準備した。

エギはデカイカにしっかりアピールするため、3.5号を中心使用する。通常より重い深場用モデルを準備した。

朝イチ1.6kgアオリ!

ポイントに到着して、早速キャストを開始。まずは私が得意とするキャスティングスタイルでスタート。

陸っぱりエギングの感覚で楽しめるこのゲームは、エギをじっくり底まで沈めて自らのキャストで狙う位置やアプローチのコースをイメージする。

すると、釣友に早速のモーニングショット。ギュンギュンとロッドが締め込まれている。力強い引きを楽しんでキャッチしたのは、いきなり出ました!1.6kgのグレートサイズだ。この時期らしい立派な親イカである。

エギングで2.1kgモンスター 春イカシーズン到来【三重・尾鷲湾】立派な1.6kgを捕獲

さぁ~私も続きたい。潮下にキャストし、ラインテンションを抜く形でエギを沈めるのが私の基本。着底後はリズミカルにシュッシュッシュッと誘いのアクションを5回入れる。その後のフォールが抱かせのタイミング。ラインのかすかな変化に注視し、エギを自然な形で沈めていく。

すると、私にもキタ~!ラインがプルンッと揺れたかすかな違和感を見逃さなかった。バシッと気持ちよくアワセも決まり、アオリイカ特有のジェット噴射を堪能する。おまけのキロクラス。取りあえずの1匹に笑顔がこぼれる。

2.1kgモンスターヒット!

エギングで2.1kgモンスター 春イカシーズン到来【三重・尾鷲湾】中井船長に会心の2.1kg

しかし、この日のドラマはここからだった。

モンスターの気配を感じたのか、何気なく船尾でサオを出す中井船長。突然船上にその中井船長のリールのドラグ音が響き渡った。

ジーーーッと勢いよくリールのスプールは逆回転し、その勢いは止まらない。

ロッドはブチ曲がり、そのストロークの大きなジェット噴射がモンスターを予感させる。

そして…、出ました!尾鷲湾のモンスター。

キャッチしたのは、2.1kgのビッグサイズ。これが尾鷲湾のポテンシャルなのだ。

キャスティングが吉

そして、その後も数匹を追加して、午後3時に納竿。この日は風が弱く、キャスティングでのアプローチが好調だった。

今後はさらに水温も上昇し、デカイカの接岸数はますます増えてくるだろう。モンスターアオリイカハンティング、これからがビッグチャンスの到来だ。

エギングで2.1kgモンスター 春イカシーズン到来【三重・尾鷲湾】当日の釣果

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基/TSURINEWS編>

▼この釣船について
エヌテックマリン
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年3月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。