【芦屋沖&玄界灘】ジギング&五目釣り最新釣果まとめ クーラー満タン

芦屋沖と玄界灘方面から好釣果が届いた。10kg超えブリに、マダイを含む五目釣りでの数釣りなど、最新釣果情報をまとめてお届けします。

●福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

玄界灘:第二宮一丸

3月8日、福岡県宗像市大島の第二宮一丸がイサキ真鯛五目で玄界灘に出船。

この日は、中大型イサキが順調にヒットする中、マダイ2.5kgやヒラマサ4kg、ヒラゴ2kg前後も交じる好況となり、釣行したハマノさんはクーラーを一杯に埋めてみせた。

満足な釣果

船長は「日によってムラがあります」と話している。

▼この釣船について
出船場所:神湊港
第二宮一丸

玄界灘:金生丸

3月8日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の金生丸がイサキ五目で玄界灘に出船。

三宅さんグループが釣行したこの日、船中では中大型イサキ60尾、マダイ1~3kg12尾、ヒラマサ5kg1尾、メダイ2kg、ウマヅラなど多彩な釣果が上がり大いに賑わったようだ。

大型真鯛も

▼この船について
金生丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎港

玄界灘:第一成幸丸

3月9日、福岡県宗像市・大島の第一成幸丸がアジ泳がせ釣りで玄界灘に出船。

この日は、根魚狙いで釣りを展開すると森田さんが良型タカバ3kgやボッコ2kg、チカメキントキ2kg、アコウなどのほかにヒラメ2・5kgも仕留めて満タン釣果。

良型タカバに2kgボッコ

高級魚のみで豪華土産ができ大喜びだったようだ。

▼この釣船について
第一成幸丸
出船場所:神湊港

玄界灘:明石丸

3月9日、福岡県宗像市・大島の明石丸がイサキ真鯛五目で玄界灘に出船すると、シーズン最盛期を彷彿とさせるほど中大型イサキが数ヒット。

ほかにもマダイ1~3kg30尾、メダイ8kg2尾、ヒラゴ2~3kg、クロ2尾などを交え乗船者全員のクーラーは満タンに埋まっている。

クーラーは満タンに

今後の釣果も期待大だろう。

▼この釣船について
明石丸
出船場所:神湊港

芦屋沖:海龍丸

福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港の海龍丸の案内で3月9日に芦屋沖~玄界灘方面へジギング・電動ジギング便で出船したメンバーはブリ10kgオーバーを含め青物全員安打で心地よい強引を味わった。

10kgオーバーのブリ

ヤズ、ヒラゴ、ネリゴ、根魚など交えて釣る人は2ケタ釣果と土産も十分にキープできた。

青物は順調にヒットしており、ジギング・電動ジギング便の出船受け付け中。

▼この釣船について
海龍丸
出船場所:柏原漁港

芦屋沖:星龍丸

3月9日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港の星龍丸が芦屋沖に落とし込みへ。

船中ブリをはじめヒラメ、アコウなども上がり賑わっていたが、鞍手郡から釣行の栗田さんが見事に大型ブリ11kgのナイスサイズを手にしていた。

11kgのナイスサイズ

大型のバラシは7回以上あり、まだまだ大型魚も潜んでおり油断禁物。

落とし込みジギングもOK、ジグは150~200g使用。また、お土産狙いでは大型アジも良く釣れている。

▼この釣船について
星龍丸
出船場所:柏原漁港

芦屋沖:蛭子丸

3月6日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港から出船する千春丸と2隻体制の蛭子丸の案内で芦屋沖へ近場のルアー(船)釣りでスズキやマダイを狙い出船。

岡村さんも大型スズキなどを交えて好釣り。スズキは70~80cm主体にマダイ大型交じりでヒット中。

ナイスサイズのシーバス

ほかジギングではヒラマサ4~5kgが良く釣れている。沖の島沖のマダイ狙いも絶好調が続いている。沖根魚五目ではボッコ、タカバ、マダイなど交え釣果有望。

イサキ五目狙いはイサキ良型~大型主体に期待。タイラバではマダイ、根魚など各釣りともに好気配だ。

▼この釣船について
蛭子丸
出船場所:柏原漁港

芦屋沖:北王丸

3月9日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港の北王丸の案内で久保さんらはメバル狙いで芦屋沖の近場に出船。

朝の潮況悪く、メバルのアタリは少なくぼつぼつ。

潮が緩み、大型イサキ、マダイがアタリだした時合いに、ハリス4号でライトジギングをしていた久保さんに何と107cm10kgオーバーの特大ヒラマサがヒット…15分ほどかけてゲットした。

大型イサキ

このポイントにはベイトが多く入っており、良潮で大型メバル、イサキ、マダイ、青物などが土産になりそうだ。

▼この釣船について
北王丸
出船場所:柏原漁港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年3月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。