渓流解禁2019 おすすめアマゴ釣り場紹介【奈良県・天の川】

渓流解禁2019 おすすめアマゴ釣り場紹介【奈良県・天の川】

奈良・十津川の最上流にあたる天の川。豊富な成魚放流量で知られる天川村漁協が管轄する、天の川の渓流釣り場をご紹介する。

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

天の川の概要

今年の解禁は3月10日だった。天川村漁協では稚魚放流や、発眼卵埋没などにも積極的に取り組んでいる。そして大量の成魚放流で有名だ。

渓流解禁2019 おすすめアマゴ釣り場紹介【奈良県・天の川】釣り場図

上流の洞川(ここが本流)温泉上下流から(支流の川迫ダムとの合流点上流の御手洗峡も入れて)、ずっと下流の集落の中も含めて、最下流はみずはの湯下流の広瀬まで、相当な広範囲に養殖アマゴが放流される。

下流は川幅も広くなり、多様な川相があるが、その中から自分の体力(脚力)に合った釣り場を選べるのがうれしい。

ただ、以前は水を止めていなかった九尾(つづらお)ダムが、今年は水を止めているから、その下流は減水区となる。ただ、アマゴの放流はこれまで通りらしい(放流場所には番号札を立ててある)。

渓流解禁2019 おすすめアマゴ釣り場紹介【奈良県・天の川】これはリリース

川迫ダム上流域ではイワナ

支流の川迫ダムから上流は稚魚放流と発眼卵埋没だけで、成魚放流は行わないからネイティブな魚体に出会える。

この辺りと洞川ではかなりの確率でイワナも釣れる。

この水域にはイワナの在来種・キリクチも生息しているらしいが、釣れるイワナは日光イワナ系のようで、以前に放流されたものが繁殖したのだろうか?

渓流解禁2019 おすすめアマゴ釣り場紹介【奈良県・天の川】支流の川迫川の釣り場

ヒレピンが魅力

私も天の川の景観と魚影の濃さにひかれて足繁く通っているが、養殖成魚のたまる淵を避けて瀬を中心に、カワムシのエサで釣るとほとんどがヒレピンの、きれいな魚体のアマゴやイワナが釣れるのがうれしい。

川迫川は、花崗岩の大岩が織りなすダイナミックな明るい渓相で、大淵の連続する場所もあり、場所によっては長いサオがほしい。

渓流解禁2019 おすすめアマゴ釣り場紹介【奈良県・天の川】美しい天の川の渓は沢歩きだけでも楽しい

アマゴのシーズン

ここは近畿の尾根といわれる大峯山に近く、水温の低い流域だから、アマゴの成育も遅く、4月中旬からの釣り場。

4月を過ぎて山にミツバツツジやコブシの花が咲き始めても、時には体力の回復しきれていない細くて黒い「痩せアマゴ」が釣れることもあるし、稚魚の成育も遅れ気味だから、もしこれらがハリに掛かっても優しくリリースしてやってほしい。

渓流解禁2019 おすすめアマゴ釣り場紹介【奈良県・天の川】ヒレピンのアマゴ

九尾ダム下流も5月ごろになるとヒレピンの幅広アマゴが釣れる時期になる。

イクラエサではウグイがうるさいから、カワムシかミミズが有効だ。

<週刊つりニュース中部版 大西満/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
天川村漁協
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年3月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。