伊勢湾オフショアジギングで青物堪能 ブリにサワラ【愛知県・南知多】

伊勢湾オフショアジギングで青物堪能 ブリにサワラ【愛知県・南知多】

この時期に旬を迎えるブリやサワラは魚体も大きく、強烈な引きを楽しませてくれる。また、味の特徴や処理の仕方について知っておけば、極上の脂の乗りと甘みを味わえるのもまたジギングの醍醐味のひとつ。釣り仲間の船でオフショアジギングへと出かけた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

伊勢湾沖で青物狙い

乗船したのは、釣り仲間の秋田さんが所有する歌志軒丸。2月中旬の午前6時に愛知県・南知多町の豊浜漁港から出船し、伊勢湾沖で青物を狙う。

今回私の師匠の高橋さんも同船。秋田キャプテンからの信頼も厚く、トラブルがあればいち早く駆けつけて速やかに対処してくれる。いつもドタバタ、あんこうガールズのちえみちゃんとゆーかちゃんも、彼がいれば安心だ。

ホウボウにワラサから

当日はあいにくの雨模様だったが海はナギ。どんよりとした海上に船を進め、水深50mラインに到着した。

開始の合図で一斉に投入すると、高橋さんのサオに反応があった。上がってきたのはホウボウ。

鮮やかなコバルトブルーの胸ビレが扇状に舞い、浮き袋を振動させグーグー鳴く。冬のホウボウは脂が乗って、一年の中で最もおいしい。

伊勢湾オフショアジギングで青物堪能 ブリにサワラ【愛知県・南知多】船中1匹目の高橋さんのホウボウ

次にサオを曲げたのは秋田さん。キャッチしたのはワラサだ。

右舷で男性陣のヒットが始まるなか、タックルを買ったばかりのあんこうリーダーやっくんが痛恨の3バラシ。

青物トリプルヒット!

アタリがなくなったところで、地形変化のあるポイントへ移動。根掛かりしやすいポイントだが、ベイト反応があるので青物も期待できる。

ワンピッチで誘っていたちえみちゃんに早速のヒット。その直後、私のサオも絞り込まれ、さらにやっくんと続く。怒とうのトリプルヒットだ。どれも大物のようで、サオは満月にしなっている。

まずはちえみちゃんにサワラ。続いて私にはワラサが上がってきた。少しは慣れてきたのか、今回は余裕を持ってワラサの引きを楽しめたように思う。

そしてやっくんはというと、まさかのサワラカッター。いつもは巧みに魚を操る彼だが、どうしたというのか。

ゲストのニベも

しばらくすると再び私にヒット。

走りだす感覚はあるが引きはやや軽い。慎重に巻き上げると、私にとっては初めての魚が顔を見せた。

師匠に聞くとニベとのことだ。ヒットルアーはFKジグ。大型魚から中型魚まで鉄板だ

伊勢湾オフショアジギングで青物堪能 ブリにサワラ【愛知県・南知多】ニベもヒット

時合いに80cmブリ!

一斉に底を取り直し、攻め込んだところで再び時合いに突入。

これまで度重なるバラシに苦しめられていたやっくんにも、ここでようやく80cmのブリが微笑んだ続いてミヨシのゆーかちゃんにワラサ。

伊勢湾オフショアジギングで青物堪能 ブリにサワラ【愛知県・南知多】ワラサとサワラのダブルヒット

仲間たちも連発したところで、少し早いが11時に沖上がりとなった。名残惜しいが、この後大雨になる予報となれば仕方がない。

次ページで釣果発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。