【玄界灘】沖釣り最新釣果情報 マダイがクーラーに入り切らない?!

玄界灘の沖釣り!マダイを中心にヒラマサ、イサキ、アオナにレンコダイなどが好釣だ。今回は玄界灘エリアで厳選した7船の最新釣果情報を紹介していこう。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二宮一丸

2月24日、福岡県宗像市大島の第二宮一丸がテンビン五目で玄界灘に出船。釣行した写真の釣り人は大型メダイ7kgやマダイ3.5kg、ヒラマサ5kg、イサキなどを仕留めて好土産をキープ。

大型ゲットでニッコリ

船長は「日によってムラがあります」と話している。

▼この釣り船ついて
第二宮一丸
出船港:神湊港

金生丸

2月25日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の金生丸がテンビン五目釣りで玄界灘に出船。船中では大型メダイ8kg2尾、マダイ1.5~6kg15尾、中大型イサキ30尾、ウマヅラなど魚種多彩な好釣果が上がっている。

マダイを吊り上げた飯塚さん

写真は飯塚市から釣行した坂本さん。

▼この船について
金生丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎港

福寿丸

2月25日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の福寿丸がテンビン五目釣りで玄界灘に出船。この日はマダイが終始高活性で船中1.5~4kgを多数キャッチしたほか、イサキもよく釣れたとのこと。

クーラーに入りきらない量が釣れた

船長によると写真は1人分の釣果で、大型クーラーにもすべて入らなかったようだ。

▼この船について
福寿丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎港

明石丸

2月25日、福岡県宗像市・大島の明石丸がイサキ真鯛五目で玄界灘に出船すると、メーンターゲットのイサキは中大型が盛んな状況で1人40~70尾をキープしたほかマダイ1~2kgも交え、ご覧のようにクーラーは満タン。

イサキをゲット

これから好シーズンに入るため釣果がますます楽しみ。

▼この釣り船ついて
明石丸
出船港:神湊港

海神丸

2月22日、池田さんらは福岡県福津市津屋崎港の海神丸で玄界灘の船掛かり天秤ズボ釣りでイサキ、マダイ狙いで出船。イサキから釣れ始め、小ダイ~マダイが交り、クロ1kgも釣れる。メダイ8.5kgと5kgが船上に取り込まれた。ヒラマサも釣れて五目釣りに。船中でメダイ8.5kgと5kg、イサキ40cm頭に79尾、マダイが5kg頭に12尾、ヒラマサ3.5kg頭に9尾、クロ1kg1尾の釣果。

多彩な釣果

▼この船について
海神丸
エリア:宗像エリア
出船港:津屋崎港

海神丸

玄界灘では上りダイの気配が差し込んできた。福岡市西区姪浜の姪浜能古島渡船場から出船している宮ノ浦の海遊丸は2月25日、タイラバ・エビラバへ。

新谷さんはマダイ、アオナ、レンコダイでクーラーは満タン。

朝は潮が動かずにマダイもぼつぼつ。それも潮変わりからマダイの食いが立ち連続ヒット。船中でマダイ5.2kg頭に30尾、アオナ2kg頭7尾、ホウボウ、レンコダイ60尾前後の釣果。

クーラーを満タンにした新谷さん

船長は「マダイはもうマコが大きくなっていて、上りダイの始まりのような感じがした」とのこと。

▼この釣り船ついて
海遊丸
出船港:姪浜能古島渡船場

昭陸丸

2月26日、福岡市の福地さんは玄界灘のエビラバに福岡市西区姪浜の姪浜漁港から昭隆丸で釣行。

6kg越えの大ダイをゲット

当日は潮が動かずに苦戦。マダイの小さなアタリを確実にとらえて6kgの大ダイやアオナ、レンコダイを釣り上げて土産いっぱいの釣果となった。

▼この船について
昭隆丸
エリア:福岡エリア
出船港:姪浜港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年3月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。