宇久井の磯コベラシで42cm尾長グレ 起死回生の1尾【和歌山県】

天気予報で穏やかな1日、南紀・宇久井の磯へフカセ釣行へ。有名な沖磯ポイントのコベラシでポッテリとした良型グレ(メジナ)に満足な釣行。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

宇久井の磯コベラシへ

1月30日、風弱く穏やかな一日となる天気予報。ということで良型グレを狙って南紀・宇久井の磯に出向いた。

午前6時40分出船。私を含む4人でコベラシに渡礁した。

当日のエサとタックル

今回のまきエサは生オキアミ6kgにイワシパワーグレスペシャルとグレパワーVSPを1袋ずつブレンドした。

さしエサはくわせオキアミスペシャル(M)とくわせオキアミスーパーハード(L)を用意した。

今回使用した配合エサ

少しまきエサをまいてみると、潮は串本方面に流れる上り潮でいい感じである。焦る気持ちを抑えてタックルの準備に取りかかる。

サオは、がま磯ファルシオン1.25号5.3m、リールはBB―XハイパーフォースC3000DXXGS。

ラインは磯の白の2号。ウキは大谷ウキのBを選びウキ下3ヒロに設定、ハリスは磯フロロ2・5号でハリはザ・ROCK7号を使用。

磯際で早々にアタリ

まずはセオリー通り磯際周辺を丹念に探る。

コベラシ指定席

数投目、ジワジワと沈んでいくウキがスピードを増して一気に海中に消えた…と同時にラインを弾き出すアタリ。

相手に先手を取られたが、体勢を立て直して必死に耐えるが、サオ先が跳ね上がった。痛恨のラインブレイク。その後も磯際を探るがアタリが途絶えた様子。

良型ヒットも・・

そこで潮に乗せ仕掛けを流すことにした。数投、仕掛けを流すがアタリがないままさしエサだけが取られる。

そこで仕掛けの投入点とまきエサの投入点をずらして試してみる。すると数投目、ラインを弾き出すアタリをとらえた。

サオ先から伝わる重量感で良型と確信。慎重に寄せてくるが左側のハエ根に突っ込まれ張り付かれる。

ラインを出して待っていると、サオ先が絞り込まれた。と同時にサオ先が跳ね上がりミチイトからラインブレーク。

悪夢の連続でテンションが下がり気味だが、気を取り直して仕掛けを再度セッティングして釣りを再開。

起死回生の42cm尾長グレ

海色もよく潮も徐々に速くなりだしてきた。

何かがきそう…と思った時、バチバチバチッとラインを弾き出す強烈なアタリをとらえた。サオ先から伝わる重量感は間違いなく良型だ。

強い締め込みを何度かあしらい浮かせる。やがて水面に顔を出したのは、40cmを超すポッテリと肥えた尾長グレ。すぐに計測すると42cmだった。

ぷっくり太ったグレ

次ページで最終釣果発表