【九州エリア】マダイ最新釣果情報まとめ 6kg級に船中20尾!

年中通じて沖釣りの好ターゲットになるマダイ。テンヤにコマセ、タイラバにジギングなど、釣り方が多彩なのもマダイ釣りの魅力だ。今回は九州エリアでのマダイの最新釣果情報をお伝えしていこう!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

 

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

JacK

山口県下関市黒井から魚種豊富な響灘へタイラバやジギングなどオフショア・ソルトゲームを案内するJacK

2月17日は渋い反応で苦戦したようだが、与田さんはマダイ3kgを筆頭に写真のような2kg超のマダイを仕留めて最高の笑顔。

2kg超えをゲット

「信じる者は救われる。」とは与田さんのコメント。ほかレンコやアヤメカサゴなども交じったとのこと。

▼この釣り船ついて
JacK

四季丸

2月13日、北九州市門司区・大里港の四季丸は響灘方面へ釣行。

4kg級のマダイをゲット

電動タイラバで挑戦した山口さんは深場から4kg級のマダイをヒットさせ披露してくれた。ひとつテンヤでは5kgオーバー頭に2~3kg級が好ヒット。大型根魚も交じり好土産を持ち帰った。

▼この釣り船ついて
四季丸
出船港:門司大里港

祥季丸

2月18日、北九州市門司区・大里港の祥季丸を利用した石村さんらは響灘沖に出船。海峡厳しく、マダイは食べごろサイズのみとなったが、良型のボッコやアオナ、レンコなどが順調に釣れ好土産をゲット。

今後も良型根魚やアマダイ交じりで楽しめる。

海峡厳しくも好土産をゲット
初心者の人もレンタルがあるので興味がある人は、ぜひご相談を。
▼この釣り船ついて
祥季丸
出船港:門司大里港

かつ丸

2月17日、北九州市門司・門司港の、かつ丸の案内で、乗船者らは角島沖へ五目釣りで出船。

タイラバでマダイの良型を交えて船中20尾と好ヒットした。ほかにもアコウやアオナ、ボッコなど高級根魚も交え多彩な果となった。午後にヒットが集中したとのこと。

タイラバで好ヒット

今後の釣果も楽しみだ!

▼この釣り船ついて
かつ丸
出船港:門司港

勇勝丸

壱岐周辺の寒ブリやマダイ、高級根魚の大物を狙って佐賀県鎮西町の串浦港から出船する勇勝丸での2月18日の釣行はマダイづくし。

6kgに迫る大型マダイが続々と釣れて盛り上がった。吉村さんの5.8kgを筆頭に、渡辺さんも同型、原田さんも5.5kgを手中に。田中さんは特大のボッコを釣り上げて好土産。

5.8kgを吊り上げた吉村さん

今後もブリを狙いつつ、多彩で豪華な釣果、期待大。

▼この釣り船ついて
勇勝丸
出船港:串浦港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年3月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。