【東海エリア】船釣り最新釣果情報 ブリにマダイにジャンボフグも!

中部エリアからとれたての船釣り釣果情報が届きました。南知多や志摩から大量メバルや良型マダイにブリ、その他ヒガンフグにオニカサゴ。中部の好釣果をまとめて紹介します。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

南知多:おざき丸

おざき丸では2月15日、良型から食べごろサイズのヒガンフグがトップはトロ箱1杯の釣果。

ジャンボヒガンフグ

また、12日にはお約束のジャンボヒガンフグが登場。

連日の1kgアップ出現で盛り上がっている。

▼この釣船について
おざき丸

南知多:七福丸

七福丸では2月18日、メバル狙いで乗船した豊田市の福岡さんがメバル18~29cm38匹をゲット。

大型メバル最盛期!!

仕掛けは胴つき、またはサビキの5本バリ仕掛け、オモリは60号を使用した。

ここ数日大型メバルがよく釣れており、今から最盛期へまっしぐらだ。

▼この釣船について
七福丸

南知多:敏栄丸

敏栄丸では2月15日、イワシ泳がせでブリやワラサ、サワラのほか大型のマダイも上がった。

また、14日には関元さんが、ブリとサワラを上げた。

良型の寒ブリ

伊良湖沖では青物のほか脂ノリノリの寒サワラも回遊中。

ハリス切れしやすいがゲットできれば最高のご馳走だ。

▼この釣船について
敏栄丸

志摩:智栄丸

智栄丸では2月16日、オニカサゴ乗合便でオニカサゴ20~42cm35匹とマハタ43、41cm、ウッカリカサゴやアヤメカサゴ多数、チカメキントキが上がった。

大型が好調

オニカサゴは周年狙えるのでぜひチャレンジを。

▼この釣船について
智栄丸

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年3月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。