有名磯『諸磯』の『高飛び込み』でクロダイ40cm超2枚【神奈川県】

有名磯『諸磯』の『高飛び込み』でクロダイ40cm超2枚【神奈川県】

神奈川の三浦半島にある有名磯"諸磯"からクロダイを狙った。活性が低い中厳しい戦いだったがなんとかクロダイ釣り上げた。

●神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

諸磯の『高飛び込み』へ

通称“諸磯”と呼ばれる三浦半島の西部に位置する地磯へ。エ

サ屋の店主から「最近、ぽつぽつと寒チヌが釣れている」と聞き、期待に胸をふくらませる。

諸磯には、いくつかのポイントはあるが、メジャーなのは”高飛び込み”。いくつもの釣り座はあるが、水温が安定していそうな、少し奥の場所に入る。満潮時、水深が3~4mの砂地の浅場で、クロダイのすみかになる溝や根が点在している。

有名磯『諸磯』の『高飛び込み』でクロダイ40cm超2枚【神奈川県】諸磯湾周辺略図

上げ潮ではエサ取りのみ

コマセは、オキアミ6kgにチヌパワーVSPを2袋配合。ツケエサは、くわせオキアミ食い込みイエローと生オキアミを使用。

有名磯『諸磯』の『高飛び込み』でクロダイ40cm超2枚【神奈川県】タックル

タックルは図の通り。6mのハリスの中に、ウキを通す。ゆっくり沈めて、溝に仕掛けをはわせて狙う。

潮周りは満潮11時54分、干潮19時25分の長潮。8時の段階では上げ潮で、陸へ向かって右から左へと流れている。この場所で、陸に向かう潮でいい思いをした事はなく、満潮から下げる午後に期待。

案の定、時々ウキにアタリをだすのはベラやメバルといったまねかざる客。本命からの反応はなく退屈な時間が続く。

潮変わりで40cmクロダイ!

満潮になり潮が止まったので、早めの昼食をとって午後に備える。下げ潮になると潮流は沖へ向かって左から右へと変わった。

コマセが溜まるポイントを計算して、潮上にコマセを打ち込む。しばらくするとウキにモゾモゾとした前アタリがあり、一気にギュンと消し込む。すかさずアワセを入れると、クロダイ特有の重量感。

無理せず、相手が少し疲れてきたところでゆっくりと引き寄せて、タモに納めたのは40cm。

夕マヅメでサイズアップ!

それから、アタリは遠のくが、夕マヅメになるとふたたび反応が出始める。モゾモゾと前アタリのあと、ウキは水面下30cmに留まったまま変化がない。

根掛かりなのか、魚が食っているのか、分からないままゆっくり聞きアワせると穂先にギュンと重みが乗る。ここで本アワセしてやり取り開始。引きが強く、サイズアップを確信する。

ハリスが何度か根に当たりそうになるが、無事にタモに納まったのは43cm。

有名磯『諸磯』の『高飛び込み』でクロダイ40cm超2枚【神奈川県】43cmのクロダイ

日が沈み、ウキが見えづらくなったので納竿。

振り返ってみると、魚の活性は低く、とても厳しい一日だったが、2回のチャンスを逃さず本命を仕留めることができたので嬉しい。あらためてこの時期の難しさを痛感した。

<週刊つりニュース関東版 若松章治/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年3月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。