狙いは片貝沖デコダイ!良型ハナダイの引き堪能【千葉県・増栄丸】

狙いは片貝沖デコダイ!良型ハナダイの引き堪能【千葉県・増栄丸】

外房片貝は水温低下で厳しい時期ではあるが、大型ハナダイ(チダイ)が豪快に竿を曲げて釣り人を魅了している。1月20日(日)同港の増栄丸から出船。うわさに違わぬ、大型の引きを堪能することができた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

増栄丸にて堀川根へ

狙いは片貝沖デコダイ!良型ハナダイの引き堪能【千葉県・増栄丸】増栄丸の出船場所

まだ暗い5時半に8人の釣り人を乗せた大型船は、熱田正二船長の操船で出港。竿入れが6時半なので、ゆっくりとポイントの堀川根を目指す。

開始10分前に到着し、船長から24~20mのタナ指示のあと、「魚礁の上では必要以上にビシを落とさないように」と注意がある。

仕掛けとシャクリ方

仕掛けの基本はチヌ2号のハリでハリス2号3本バリ。空バリに宿常備のエサのオキアミを付ける人が多いが、カラーバリやウイリーの人もいて様々。

この釣りはシャクリが命で、アタリダナと、当日一番魚にアピールする誘い方を探るのが基本中の基本。

一日同じ誘いをしてもダメな場合もあり難しいが、それがこの釣りの面白さでもある。活性の高いときは早め、強めのシャクリでもくるが、低水温期はゆっくりがいいようだ。

早々に40cmハナダイ

開始20分ほどして右舷ミヨシ2番の会津さんにアタリ。竿先をたたくような引きで上がってきたのは40cm近い良型。

「穏やかな熱田船長の人柄に惚れて通っているが、船との相性もよく、ヒラメでもいい思いをさせてくれて気に入っている」と言う。

狙いは片貝沖デコダイ!良型ハナダイの引き堪能【千葉県・増栄丸】会津さんに良型

船中同時ヒットも

すぐに続いたのは右舷ミヨシの上野さん。

「ヒラメが大好きで、二日間休みなので、翌日はヒラメで出船ということで席取りを兼ねて乗船しました。コマセ釣りの面白さも十分知っており、大型の豪快な引きを堪能しています」と話す。

入れ食いとはいかずポツポツ状態ではあるが、船中満遍なくアタリがあり、足元のオケが次第ににぎやかになってくる。

時折、何人かに同時ヒットで大型乱舞の光景も見られるなど、船中ヒートアップ。

狙いは片貝沖デコダイ!良型ハナダイの引き堪能【千葉県・増栄丸】本命の引きは楽しいぞ

竿頭は同数20匹ゲット

左舷トモの酒井さんは、この宿一筋の30年来の常連。

なんでもこなす腕前もさすがで「きょうはいまひとつだね」と言いながらも20尾ゲットの竿頭。半分以上が30~40cm級ばかり。数は上がらなくてもサイズは十分すぎるくらいだ

左舷胴の間の菊池さんも同宿オンリー。

ハナダイ、ヒラメ、イサキなど一年中来ているらしく、酒井さん同様に腕前は確か。20尾ゲットで同数の竿頭に。

狙いは片貝沖デコダイ!良型ハナダイの引き堪能【千葉県・増栄丸】菊池さんも大型ゲット

同行の左舷ミヨシの亀井さんは「ヒラメが好きですが、年が明けるとあまり狙う船がなくなるので残念です」と言うが、それでも良型がそろうハナダイ釣りも、まんざらではなさそうだ。

狙いは片貝沖デコダイ!良型ハナダイの引き堪能【千葉県・増栄丸】ハナダイ釣りを満喫していた亀井さん

ハナダイは数で勝負?

この日は常連が多く乗船しており、右トモの井上さんもそんな一人。

「10年来通っているが、1年を通じて、ほとんどここで狙う魚を釣っています。ヒラメは1尾の価値が大きいが、ハナダイは数が勝負。とは言っても、これだけ大きいのがそろえば、そこそこの数で十分」と納得。

狙いは片貝沖デコダイ!良型ハナダイの引き堪能【千葉県・増栄丸】釣果に大満足の井上さん