潮目ドリフトで25cmプリスポーンメバル 地磯メバリング【熊本県】

潮目ドリフトで25cmプリスポーンメバル 地磯メバリング【熊本県】

寒い日が続くが、これからの時期に楽しませてくれるターゲットといえばメバルだろう。そのメバルの状況だが、例年だと11月下旬からシーズンインするはずが、今シーズンは暖冬のせいか、かなり遅れていた。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

巻きアワセでまずは1尾

今回は昨年12月20日の明け方から、状況を探る意味も込めて釣行に出かけた。

まず入ったのは熊本県上天草市の堤防。しかし潮が動いていない上、ライズも見られない。

潮目ドリフトで25cmプリスポーンメバル 地磯メバリング【熊本県】メバリングタックル

取りあえずジグヘッド2gにシャッドテールワームを組み合わせた仕掛けで広範囲にキャストし、表層を探るも反応がない。

活性がかなり低い感じなので、明暗部を中心に攻めることにした。

2gのジグヘッドリグで探ると、ショートバイトがあるが乗らない。ジグヘッドを1.3gにウェイトダウンして再びキャストすると、ようやくモゾッとしたアタリがあり、アワセを入れるが乗らない。

掛けアワセではダメみたいだ。

再びキャストすると、モゾモゾとした微妙なアタリが。今度は巻きアワセに変えて、ティップに重みが乗るまで巻き、スイープにアワせるとヒット。

なかなかトルクのある引きを見せてくれたのは20cmないメバル。ようやく天草沿岸にもメバルが接岸したかと思ったものの、15cmを追加した後はまったく反応がない。

どうやらこのエリアにはあまり入ってきていないようなので、見切りを付けて大きく場所を移動することにした。

地磯でパワーファイト!

次に入ったのは宇城市三角町の地磯。夜が明けて薄っすら明るくなってきた。海面は潮目ができていていい感じだ。

まずは釣座付近の瀬ギワを1.3gのジグヘッドリグで探るとヒット。キャッチしたのは15cmほどの小型だ。サイズアップを目指して、今度は潮目にキャストするが届かない。

潮目ドリフトで25cmプリスポーンメバル 地磯メバリング【熊本県】地磯のストラクチャー図

ジグヘッドを2gに替えてキャストすると潮目に届いた。潮に乗せてドリフトしていくと、モゾモゾと微妙なアタリがある。重みが乗るまでゆっくり巻き、乗ったところでスイープにアワせると、グググ……ジィー!とドラグが鳴った。

沈瀬に入られないように、慌ててドラグを少し締めてからパワーファイトをし、根から引き離す。

潮目ドリフトで25cmプリスポーンメバル 地磯メバリング【熊本県】好シーズンへ突入!!25cmゲット!!

しばらく耐えていると弱ってきたので、一気に寄せてから抜き上げたのは25cm!シーズン序盤らしいプリスポーンの、でっぷりとした魚体に思わず見とれる。

同様に潮に乗せて潮目付近で連発し、アタリがなくなったら今度は足元の沈み根で連発!20~23cmを10尾ほどキャッチした。

さらにサイズアップを目指してボトムを探ってみたものの、アタリがない。やはり浮いていたようだ。

今後の展望は?

その後もぽつぽつと追加し、まだまだ楽しみたかったが、午前9時を回り、さすがにアタリがなくなって納竿とした。

状況としてはまだまだ場所ムラが激しかったが、この記事が掲載されるころには天草全域でシーズンインしていることだろう。

ぜひ寒い中でアツいライトゲームを楽しんでほしい。

<週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年1月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。