Fシステムで尺メバル!メバリングシーズン突入!【和歌山県・新宮】

ここのところ防寒着なしでのナイトゲームがつらくなってきた。この寒さを感じるようになるとメバルを釣りたくなるアングラーも少なくないだろう。10月後半からそろそろメバルが狙えるかなと準備は始めていたが、思うような天候とならず釣行できずにいた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

当日のタックルとリグ

11月10日は新月が絡む潮回りになるので、ワンチャンスでもあれば狙いたいと考え、天気予報は思わしくないもののダメ元で和歌山県の新宮まで車を走らせた。

この日は大潮後の中潮1日目で、満潮は午後6時半すぎだった。

タックル図

当初の考えでは、満潮から干潮までやりきるつもりだったが、予想以上に風が強い。予報では風速2~3mのところ、明らかに5m以上の強風で車が揺れるほど。

これではポイントに立てない。

風が少し収まるのを待ち、8時ごろから地磯に立った。

今回使用するリグは定番のFシステム15gで、軽量ジグヘッドにデカマッカムを合わせる。

風向きに注意し、低い弾道でキャストを繰り返す。しかしリトリーブスピード以上にリグが流されてしまい、全く釣りにならない。

一瞬風が弱まるタイミングを狙ってキャストを続けるが、反応がない時間が続いた。

1尾目は尺メバル!

10時ごろになり、ようやく風が落ち着いてきたので、昨シーズン調子が良かったエリアに狙いを変えた。狙いたい時間帯は過ぎて潮位も低くなってしまったが、まだ釣れると信じて根周りを重点的に狙う。

根の上を通してくると一度アタリがあったが、うまくアワせることができずにすぐにバラしてしまった。

続けて同様にアタリはあるもののフッキングが決まらないことが続いたので、ジグヘッドのハリ先を確認すると少し鈍っていた。これでは掛かるものも掛からないので、すぐに新品に交換し再開した。

すると時合いはまだ続いており、すぐにアタリがあった。三度目の正直だとアワセを入れると、今度はしっかりと掛かった。懐かしい引きを楽しみたいところだが、根がキツイ場所なのでドラグを締め込み一気に勝負をかける。

なんとか寄せてランディングに成功。

魚を確認すると本命のメバルだ。サイズも文句なしの31cm。うれしい今シーズンの1匹目となった。

本命のメバルをゲット

グロータイプのフロートで・・

潮位がかなり低くなってきたので、水深が深いエリアへ移動しながら探っていると、ピックアップ寸前で食ってきたがこれは25cm級。

この時点で満足度は高くいつ納竿しても良かったが、1カ所だけ気になるポイントがあったので、最後に狙ってみた。手前側は特に良さそうな感じもしないので、フルキャストして沖の磯際を狙ってみる。

新月でボヤッとしか見えないなかでの釣りなので、グロータイプのフロートを光らせて着水点を確認してリトリーブ。磯際を通してくると狙い通りアタリがあった。フッキングを決め一気に巻いてくる。

途中で藻に入られヒヤッとしたが、無事ランディング成功。この1匹も見た感じ尺上クラスで十分デカい。サイズも確認してみると1匹目と同じ31cmだった。

2匹目も1匹目と同寸の31cmだった

釣果と展望

ここで納竿。今年も例年通り釣れることが確認できたので、まずはひと安心だ。魚種によっては今年は全然釣れないというのもあるので、心配していたが今年も楽しめそうだ。

大型ぞろいの納得釣果

南紀のメバルは1月後半から産卵絡みで急激に渋くなる。1度釣ってみたいと思っている人は、それまでに狙うことをお勧めしたい。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛/TSURINEWS編> 

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年12月07日号に掲載された記事を再編集したものになります。