まさかの打率10割!アジ泳がせで狙うアオリイカ【和歌山県・南紀】

まさかの打率10割!アジ泳がせで狙うアオリイカ【和歌山県・南紀】

11月某日、天気予報では絶好の紅葉狩り日和だが、風、波もなさそうなので家族サービスは次週にして、息子の達也と南紀白浜の地磯へ磯物とアオリイカ狙いで出かけた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

親子で磯釣りへ


自宅を午後1時に出発。Tポート貝塚店で解凍予約していたオキアミ12kg、アミエビ4kgにグレパワーV9を購入し、湾岸線、阪和道を南下。天気がいいので少し車も多かったが、白浜へ3時過ぎに到着。天気予報通りでベストコンディション。あとは先客がいるかいないか。

一番入りたかったポイントを見ると、ヤエンのアオリイカ狙いの釣り人がいて残念(ヤエンの場合、ウキもなく仕掛けがどこに流れているのか分からないので、隣ではできない)。

一級ポイントはあきらめて、ほかで釣ることにした。

まずはフカセ釣りから

私は二人分のフカセ釣りの準備。BB‐X5.3mにLBリール。ライン4号に電気ウキ5B、ハリス3号で伊勢尼10号。達也の仕掛けはプレッサドライ5.3mにLBリールで仕掛けは同じ。

まだ明るいが、1ヒロ半のタナでスタート。まきエサを打つがあまりエサ取りはいないようだ。しかし、1投ごとにさしエサが取られる。

数投目にウキが少しシモった。軽くアワせるとへんな引きで大きなフグ。その後もアカジャコやフグばかり。

「本命がこないな~」と言いながらウキから目を離すと、サオ先までくるアタリで25cmのグレ

サイズアップを目指して打ち返していると、ウキがスパッと入った。先ほどよりもよく引く。引きを楽しみ上げてきたのは、30cmのよく肥えたグレ。

まさかの打率10割!アジ泳がせで狙うアオリイカ【和歌山県・南紀】最大44cmのグレを釣り上げた

アオリイカ狙いでアジ泳がせ

私はウキ釣りでアオリイカ狙いのタックルを準備。

インターラインの5.3mにリアドラグリールで、ライン4号、3号の電気ウキに跳ね上げ式仕掛けをセット。タナは1ヒロ半に設定。

早朝自宅の近くで釣り上げた生きアジを刺し、フカセ釣りの邪魔にならないよう、沖に向かって投げ入れた。

周りも暗くなってきてゴールデンタイム、と二人で話しながら打ち返したが、一向にグレからのシグナルはなく、さしエサも取られない状況だった。

少し波気のある方がいいのかなとウキを眺めていると、沖を流れているアオリ狙いのウキが沈んだり浮いたり。「きたきた」と達也に言いながら軽くアワせると乗った。小型ながらうれしい1匹だ。

再びアオリイカヒット!

アオリイカ狙いの仕掛けを沖に投げてまきエサを打とうとすると、沖のウキがない。

「またきたでー」と達也に言うと、もう1本のリアドラグのリールからもジイーッ、ジジイーッとラインが引き出されてダブルヒット。

私の方は先ほどと同じサイズ。タモを用意して横で見ていると、クンクンクーンといい引き。達也もアオリイカ特有の引きを楽しみ、良型をタモに収めた。

アオリイカは3打数3安打でパーフェクト。

アオリ連発止まらず

まさかの打率10割!アジ泳がせで狙うアオリイカ【和歌山県・南紀】アオリイカにグレ

二人で活きアジを刺して沖めがけて投げ、後はグレと言いながら打ち返す。

だが、アオリイカの時合いなのか、また私の沖のウキが沈み、ラインがジイーッと引き出された。サオを手に取り何度もサオ先で聞いてみると、乗っている感じ。

寄せだすとクンクンクーン、クーンとハラハラドキドキのアオリイカ特有のいい引きで、これがたまらない。達也に慎重にすくってもらったのは良型のアオリイカ。その後2匹を追加して、グレ狙いに専念。

グレ狙いフカセに専念!

いつもならこの潮回りだと磯物のアタリがあるのだが、どこを狙ってもシグナルがない。潮も引き出してきて、「今日は駄目かな?」と、際を流していると、少し離れて沖の沈み根付近を流していた達也が、「きた!でかい」とやり取りしだした。

タモを持って駆け寄ると、本当に大きそう。

「これ、グレやで」と際に突っ込んでくるのをかわしながら引きを楽しんでいる。

タモに収まったのは、コンディションのいいきれいなグレ。またくるかなと少し粘ったが、シグナルがないので納竿とした。

次ページで最終釣果発表!