指8本ドラゴン頭に入れ食い!テンヤとジギングで狙う大分沖タチウオ

指8本ドラゴン頭に入れ食い!テンヤとジギングで狙う大分沖タチウオ

11月2日、全国ツアー中のギタリスト・福田洋也さんと大分沖の巨大タチウオを狙いに釣りに行ってきた。当日はテンヤでもジギングでも入れ食いに!大満足の釣行となった。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の海況

大分市の細港から遊漁船・ブルーホークにお世話になり、午前5時30分に港へ到着。

天気予報では晴天のベタナギで、これ以上ないほどの釣り日和。荷物を船に積み込み、いざ出港。釣り場まで多少の波はあったが、到着するとベタナギだった。

ジギングとテンヤ釣りで攻める

早速、仕掛け作りに取りかかる。今回はジギングと、電動リールによるテンヤ釣りで、まずはテンヤ釣りから始める。エサはサンマとイワシを使用し、船長が指示した通り水深80~100mぐらいを攻める。

指8本ドラゴン頭に入れ食い!テンヤとジギングで狙う大分沖タチウオ当日の仕掛け

1投目から指4本タチウオヒット!

指8本ドラゴン頭に入れ食い!テンヤとジギングで狙う大分沖タチウオ釣り初挑戦の秋山さん

カウンターを見て、100mぐらいからゆっくりジャークしたりして誘う。

船長の近くで釣っていた、釣り初挑戦の、福田さんのマネージャー・秋山さんのサオに1投目からいきなりアタリがでて、早速巻き上げる。上がってきたのは指幅4本サイズぐらいの立派なタチウオだ。

それから私にもアタリがでた。すぐにアワセを入れてハリ掛かりさせ、上がってきたのは同サイズぐらい。どうも水深100mぐらいのタナに群れがいるようで、アタリが頻繁にある。

福田さんもタチウオ特有のフワフワと下から突き上げてくるアタリを楽しみながら、次々とタチウオを釣っている。

もはや入れ食い

指8本ドラゴン頭に入れ食い!テンヤとジギングで狙う大分沖タチウオ松崎さんはジギングでドラゴン級!

「なかなか目指しているドラゴン級は出ないね」と言いながら釣っていた矢先、偶然同船していた私の先輩である松崎さんのサオが強烈に締め込まれていた。「ドラゴン級や!」と思っていると、上がってきたのはやはり指幅8本ぐらいはある立派なドラゴン級。

これを見て気合が入り、私もジギングで応戦する。今回200gのジグを用意して、水深140mから攻めた。やはりスタンダードなサイズが群れていたのか、ジギングでも活発にアタックしてきて、もはや入れ食い状態。しばらく楽しんだ。

強烈な引きを楽しむ

指8本ドラゴン頭に入れ食い!テンヤとジギングで狙う大分沖タチウオ福田さんはテンヤで楽しむ

そうこうしていると福田さんにも大きなアタリがでて、サオがかなり締め込まれていた。先ほどとは全然違う強烈な引きに、福田さんもご満悦。無事に上がってきたのは指幅6本級の立派なサイズだ。

秋山さんも、馬場船長の手ほどきで指幅5本ぐらいの良型を釣っていた。

その後もドラゴン級を追い求めるが、なかなかそううまくはいかず、松崎さんにまた大きなアタリがでて、指幅8本ぐらいのドラゴン級を追加。こちらもご満悦。

全員安打の55尾で納竿

それからも午前中はジギングでもテンヤでもほとんど入れ食い状態で、全員安打。特にトラブルもなく、午後2時に納竿した。釣果は、私たち3人で55尾も釣っていた。

この大分のタチウオは本当に美味で、刺し身にしても、煮ても焼いても喜ばれる魚だ。数も釣れるし、さばきやすいので、ご近所に配るのも感謝されるだろう。釣ってよし・食べてよしのタチウオシーズンはしばらく続くので、次回の釣行も期待したい。

<週刊つりニュース西部版APC・石田一聖/TSURINEWS編>

▼この釣船について
ブルーホーク
出船場所:細港 
この記事は『週刊つりニュース版』2018年11月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。