ビギナーズラック恐るべし!オフショアジギング【京都・ワープゾーン】

10月末、快晴予報に誘い出され、急遽丹後半島へジギングに行くことに!急に思い立って船に乗れるのが平日アングラーのいいところ♪今回お世話になったのは宮津田井ヨットハーバーから出船のワープゾーンだ。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

スピニングで青物狙い

朝6時半、港で準備していると、なんと同船になったのは友だちの末富さんだ。なんでも後輩の吉川君のオフショアデビュー戦の引率とのことで、楽しい一日になりそうな予感。

7時に出船して、船は経ヶ岬近くのポイントに到着。水深は100mほど。ミヨシを釣り座に、私は今回青物一本勝負のつもりで来たので、スピニングタックルPE2.5号にリーダー10号のタックルに、SSダガーの170gを装着して投入。

船長の指示ダナを速巻きにミドルジャークやワンピッチを交えて手早く探っていく。

胴の間では末富さんと吉川君が、「タイをジギングで狙ってみる」と、スロージギングタックルでジグを投入している。

末富さんがふわふわシャクるとすぐにズンッとサオが曲がった!?

いきなり大ダイ登場!

中層まで巻き上げると、明らかにサオをたたいているではないか~!

「タイやっ!タイ!」

水面に現れたのは予想通りのマダイ。しかも70cmほどの立派な大ダイだ。おみごと!

そしてそれを眺めて手を止めていた吉川君のルアーを何かがひったくる?

「えっ?」と、吉川君。

ぎこちない手つきで巻き上げるさまが初々しい。水面に浮かんだのは55cmほどのナイスプロポーションのマダイ。いきなりのミッションクリアに皆びっくりだ。

続ビギナーズラック!

なんと80cmの巨大ヒラメを釣り上げた

吉川君のデビュー戦快進撃は止まらず、お次はなんとサワラまでキャッチする。

私はというとスローな誘いがよさそうなのでスピニングスロー的に誘って、マダイっぽいアタリもサワラっぽいアタリもあったものの、なぜかフッキングできず調子に乗れない(汗)。

そうこうしている間に10時を回り、白石グリに突入…。反応いまいちなためやっぱり西へ…。経ヶ岬を西に回った辺りで船長がよさ気な反応をみつけてくれた。

ここでも吉川君、なんと80cmの座布団ヒラメをいきなり釣ってしまった!

もう勢いが止まらない。

次ページは続々ヒット