投げ釣りカレイ7枚!シーズンインの予感【兵庫県・東二見人工島】

朝晩冷え始め、ぼちぼちカレイの釣果が聞こえてきたので、10月末に釣り仲間の竹田さんと一緒に兵庫県明石の東二見人工島へ出掛けた。もちろん投げ釣りで狙う。

東二見人工島のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

今回の釣り場とタックル

東二見人工島のポイント略図

夜明け前に現地に到着し、人工島の東側に入る。天気はよかったが夜明け前はまだ寒かった。

この日は中潮で午前7時半ごろが満潮、干潮は午後1時半ごろとなっており、海水温を測ると22度だった。

タックルは投げザオ4.25m33号にドラグ付き投げ専用スピニングリール、ミチイトはナイロン5号+テーパーライン。

遊動テンビン30号に仕掛けは港内・湾内カレイアイナメ仕掛と抜投カレイ.アイナメ仕掛を使い、エサはマムシとアオイソメを用意した。

暗いうちにサオ1本だけ仕掛けを投入して様子をみる。3色半~2色まで探って、キスが食ってくればと思ったが、アタリがあるのはエサ取りのチャリコくらいで、キスの反応はないまま朝まずめを迎えた。

シーズン初のカレイ!

ひんやりと穏やかな状況の中、潮がわずかに右手から左手に動いていた6時20分ごろ、竹田さんが「釣れたよ~」とカレイを手に近づいてきた。

「えっ、いつの間に?」と思いながら見せてもらうと、マコガレイで、測ると24cmあり今シーズン初のカレイにうれしそうだ

「もう接岸してるんや」と、私も2~3色付近に仕掛けを投げ込んでみると、竹田さんの10分後にアタリが出た!

あわてずに少し様子を見ながら一呼吸おいたのちにグッとアワセを入れると、手応えあり!

ワクワクしながらリールを巻いて海面をのぞくと…カレイだ!抜き上げて測ってみると25cmで、レギュラーサイズといったところか。

それからしばらくして、潮の流れが反対方向にかわり始めたタイミングで、竹田さんに再びヒット!

得意気な表情で釣り上げたのは、同サイズくらいのカレイだ。

次は私の番だな…」と思いながらサオ先に集中していると、またまた竹田さんがサオを曲げているではないか!ここからが竹田さんの快進撃の始まりで、焦る私を尻目に4匹目を釣り上げた

釣友カレイ連発!

レギュラーサイズを連発した竹田さん

そこへ、同じくカレイを狙って釣りをしていた釣友の増田さんがたまたま通りかかり、「北側のポイントはダメでしたが、そちらはどうですか?」とたずねてこられた。

そのタイミングで、竹田さんがまさかの5匹目!

釣り座は私と20~30mしか離れてなかったが、カレイ釣りではこれがある。

正午を過ぎると潮の流れが少し速くなり、エサの残量を考えるとそろそろ潮時かな…と思っていたその時に、竹田さんがダメ押しの6匹目を釣り上げた!

私もラストスパートで打ち返してみたが、午後1時を過ぎたところでエサ切れとなり泣く泣く納竿とした。

まとめ

今回は竹田さんに完敗だったが、うまくポイントを探り当てれば数釣りも可能であることが分かった。

また大物こそ出なかったが、25cm前後のカレイが釣れたことで、今後も増えていってくれるのではないかという期待感も持てたので、近々もう一度訪れたいと考えている。

<週刊つりニュース関西版 APC 奥野太郎 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
東二見人工島
この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年11月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。