初挑戦でヒラマサ!豪快!玄界灘落とし込み釣り【福岡県・天力丸】

前回の落とし込みでは数釣れたものの、大本命のヒラマサが釣れなかったため、10月末に北九州市若松区・脇田漁港の天力丸をチャーターで利用した。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

定番のヤズ連発!

今回のタックル

午前5時に集合したメンバーは私を含めて計10人。

5時30分に出船し、1時間30分くらい走って宗像大島沖に到着。

早速、各自準備をして仕掛けを投入する。

前日はエサ付きが悪かったと聞いて心配したが、この日はエサ付き良好で朝イチから皆のサオが曲がる。

私もお約束のヤズが入れ食いに。

すると、落とし込み初チャレンジの野村さんのサオが海中に突き刺さり、上がってきたのは大本命のヒラマサだった

魚見さんも良型ヒラマサ、桑野さんは良型マダイをゲット!船長もハイテンションになり、皆と一緒に喜んでいたが「後は吉田さんがヒラマサを釣るだけですね」とプレッシャーをかけられてしまった。

しかし、私はヤズとヨコワの入れ食い(ヨコワはすべてリリース)。

ついにヒラマサが!!

やがて私にも待望のアタリが!

エサが付いて底に落とした瞬間、サオ先が一気に海中へ突き刺さった!イメージトレーニングはしていたので、落ち着いてサオのパワーで一気に底を10m切る。

それからはドラグを少し緩め、巻き上げ速度も少し落として慎重に巻き上げていく。

上がってきたのはヒラマサで、シメた後に検量すると93cmだった。

待望のヒラマサ!

引き続き入れ食い!

それからも皆には入れ食いタイムが続き、相変わらずヤズは入れ食いだが、おいしいネリゴハガツオ良型イサキやよく肥えたハマチ75cm、ヒラマサ2尾目がヒット。

ほかの参加者にもヒラマサやブリ、良型マダイ、サワラ、カンパチ、ハガツオ、ヤズと船上はお祭り騒ぎでタモ入れも大忙し!私も3尾目のヒラマサを上げた。

午前だけでクーラーが満杯に

初めからイケスには入らないと予想して、自分の釣果はすべてシメながら大型クーラーに入れていたが、午前中で満タンになった。

その後に釣れたヤズはすべてリリースした。

今回のまとめ

ほとんどの参加者のクーラーが満たされた正午すぎ、早めに納竿してイケスの釣果を船長にシメてもらい、記念撮影をした後に帰港した。

今回の落とし込み釣りは初心者が大半だったが大成功となり、皆満足いく釣果で本当に楽しそうに釣りをし、「また行きたい」という声も多かった。

もちろん私も念願のヒラマサを3尾も釣って入れ食いも堪能でき、またすぐに行きたいという気持ちになったため、翌日に釣行予定を立てて予約を入れた。

落とし込みはダイナミックで病みつきになる釣りなので、読者の皆さんもぜひ、チャレンジしてみてはいかがだろうか。

素晴らしい釣果に大満足!!

<週刊つりニュース西部版 吉田勇 /TSURINEWS編>

▼この船について
天力丸
エリア:北九州エリア
出船港:若松脇田漁港

この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年11月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。