ヒラメ&ヒラマサ乱舞!泳がせ釣り&落とし込み釣り【山口県・大和丸】

10月末、釣友の庄山さんが山口県下関市の南風泊港から出船している大和丸で、泳がせ釣りと落とし込み釣りに行くということで同行した船中みんな大満足の釣行をレポートしよう。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まずは泳がせ釣りから

午前6時に出船し、近海でエサに使うアジを確保。そこから約40分で最初のポイントに到着。

船長の合図で泳がせ釣りを開始した。

開始直後、庄山さんの竿にヒラゴ

すると早速、庄山さんが仕掛けを底まで落とした瞬間、グンっとサオが大きく曲がった。

丁寧に浮かせたのは、2kgクラスのヒラゴだ。

幸先の良いスタートとなった。

船長が仕掛け回収のブザーを鳴らし、次のポイントへ向かう。船長はポイント到着直後、全員のサオの反応を確認する。

魚信が遠のいたり、反応がなかったりすると、見切りを付け、次のポイントに移動する。

これを繰り返し、釣果を伸ばしていくのである。

次のポイントではヒラメ!

この日の泳がせタックル

そして、2つ目のポイントに到着。

すると今度は田中さんにヒット。

強烈な引きに耐え、無事タモに収まったのは、60cm・3kgオーバーのヒラメであった。

泳がせ釣りは、着底した直後に食ってくることが多く、ポイントに着いた瞬間に仕掛けを投入できるように心掛け、準備しよう。

エサのアジも、できるだけ投入ごとに活きの良い新しいアジに付け替えて、落としても反応がない場合は、サオを丁寧に大きくあおり、アジを泳がせてアピールすることが大切だ。

いよいよ落とし込み釣り!

何度かポイントを移動したとき、田中さんが「このポイントはベイトであるサバやマルアジが多いので、落とし込みサビキに切り替えてもいいと思います」との助言の通り、乗船者は皆、落とし込みサビキで狙う。

田中さんはハリス16号の仕掛けだ。

すると、宮崎さんのサオが強烈なアタリとすぐにわかるほど大きく曲がった。

青物っぽい!」と、宮崎さん。

田中さんはすでにタモの準備完了だ。

何度か突っ込みに耐え、ようやく上がってきて無事タモに収まったヒラマサは、6kgクラス85cmオーバーのナイスサイズ。

宮崎さんはヒラマサを両手で持って撮影に応じてくれた。

宮崎さんの釣り上げた当日最大のヒラマサ

ヒラメが連発!

少し移動して、狙っていると、またしても宮崎さんのサオが、海面に突き刺さるほど大きな曲線を描いている。

浮いてきたのは当日最大の65cm・3.5kgのヒラメだ。

田中さんがタモに収めると、乗船者からは拍手が起こった。宮崎さんは、この日一番の笑顔で大型ヒラメを披露してくれた。

庄山さんの竿にも良型のヒラメ

すると、撮影を終えた直後、庄山さんがグンっとサオを大きくあおり、何かをヒットさせた。

タモを持った田中さんが近寄り「ヒラメかも」の言葉に期待が膨らむ。

慎重に浮かせてタモに収まったのは、やはりヒラメで、これも60cm・2.8kgと良型だ。

落とし込みサビキに変更してから、ヒラマサ、ヒラメが連発して、ここで全員が本命を釣り上げることに成功した。

その後、アタリが遠のきポイントを移動する。

次ページで再度泳がせ釣りへ