16cm頭に125尾!ボートで落ちハゼ釣り【江戸川放水路・林遊船】

秋風が吹き、だいぶ冷え込んできたので落ちハゼ狙いで釣行。10月末に向かったのは、東京湾原木中山の林遊船ボートでのハゼ釣りをお届けしよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

引き舟でポイントへ

ゆっくり8時30分に到着。

さっそく、店主に近況とポイント聞く。
「最近は冷え込んできたので、河口付近の水深3mがいい」と話す。

桟橋から、河口まで引き舟をしてくれるのでラク。

当日の状況と仕掛け

昨年、束釣りした湾岸道路の橋ゲタ周りを狙うことにした。

ポイントまで引き舟でらくらく

天候は、晴れだが北風が強い。ボートが左右に揺れが大きくなるのでアンカーを入れる場所の設定が重要になる。

竿は3mの中通し。仕掛けは、少し型が小さくなったというので、ハリは流線5号、オモリ4号。エサのタラシは3cm。

橋ゲタ周りはアタリなし・・

9時30分に開始。湾岸道路東京側から2番目の橋ゲタから始める。

しかし、まったくアタリがない。周囲の橋げたを探ったが、どこもアタリがなく、どこに移動するか悩む。周りを見ても竿が上がっている様子はない。

おそらく、前日夕方の大雨の影響で水温が下がったに違いない。

11時30分まで2時間釣って10数尾。思いきって、湾岸道路を超えて河口側に行ってみた。

入れ食いポイント発見!

風はやんできたので、アンカーを宙づりにして千葉県側から東京方面に川を縦断するようにゆっくり流してみる。すると、ポツポツとアタる。

流し続けると、東京側にさし掛かる途中にカケサガリを見つけ、そこにアンカーを打つ。底質は砂地で、のばしたロープは4m。

仕掛けを投入すると、左右の竿にコツコツとアタリがでる。すかさずアワせると10cm級がいきなり入れ食いになった。水温も上昇してきたのだろう。

ポイント変えが奏功

当日最大サイズも!

食いが立ってきたのでエサのタラシを2cmにしてみる。食い込みがよくなって、ヒット率がアップ。

誘い方はオモリをトントンと、持ち上げる方法から転がす作戦に変更。

これが的中したのか、今度はひと回り大きな12、13cm級中心になってきた。こうなるとハゼ特有の〝乗り〟で掛かるようになってきた。竿先が微妙にお辞儀をするシグナルだ。

すかさず、短くシャープにアワせるとガツンと手ごたえ。上がってきたのは、この日最大の16cm。これくらいの大きさになると、掛けた瞬間の腕に伝わる重量感は格別。

最大の16cm

次の場所移動でも入れ食い!

ハリを5号から6号に変更、エサも大きめにする。手返しよく釣っていくと、食いがポツポツになったので、ロープをすべてのばして場所変更。

すると、また良型の入れ食い。ハリをはずしていると、もう1本の竿にもアタリがでる。

次ページで最終釣果発表!