大型オオモンハタ連発!ボートロックゲーム絶好釣【大分県・臼杵市】

10月前半の大潮の日。大分県臼杵市・津留港のzin-bayでオオモンハタを釣りに行ってきた。大満足のボートロックフィッシュゲームをお届けしよう。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

 

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

レッスン中にアタリ?!

午前6時出船、台風明けで少し波と風があり、ポイントまで1時間30分かかったがなんとか到着。

タックル図

私はジグヘッドリグでオオモンハタを狙うのは初めてで、岩崎船長の動画を何回も見直して予習をし、イメージだけはバッチリ頭に叩き込んでいざキャスト!

と、言いたいのだがジグヘッドもワームもデカく、フラットジャンキー28g+フック5/0、モンスターヘッド36g+フック10/0。ワームもダックフィンシャッド5インチ、モンスターシャッド6インチと規格外!

船長の優しいレッスンの後、なかなかの重量感を感じながら数回キャストしていると同船者にヒット!

と、同時にフォール中の私のロッドにガツガツとしたアタリが…

興奮の40cmオーバー

即ベールを起こしフッキングするも外れてしまい、残念がっていると船長から「そのまま底を取ってすぐリトリーブしましょう!」と言われ、スイープすると一気にドラグが鳴り走りだした

もう頭の中はアドレナリン出まくりの興奮状態!

40cmオーバーのオオモンハタ

上がってきたのは40cmオーバーのオオモンハタ!

またまた船長から、「イケスに入れたらすぐキャストしましょう」と言われたので、急いでキャスト。

カーブフォール中にまたガツガツっとアタった今度はそのまま持っていったのでフッキングすると、またもや一気にドラグを鳴らす。

取り込むと、これも40cmオーバーのオオモンハタ!

この間、船中ではオオモンハタのヒットでロッドが曲がりっぱなし。

船長いわく、オオモンハタは群れで行動することが多く、1尾スイッチが入るとどんどんアタってくるらしい。実際この短時間は入れ食いだった。

しかも大分ではグロー系やイワシカラーのワームによくアタるようだ。

次ページで今日の釣果