ボウズでヤル気スイッチオン!スッテスミイカ釣り【東京湾・黒川本家】

10月21日(日)、東京湾は横浜山下橋の黒川本家からスミイカ釣りに行きました。はじめての釣りということでドキドキ・ワクワクの出船です。東京湾スミイカ釣りは「シャコテンヤ」「エギスミイカ」などがありますが、今回はスッテ釣法でチャレンジ♪

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

レクチャー受けていざ出船!

お世話になる黒川本家さん

タックルは、ライトゲームロッドに小型両軸リール、ミチイトは小船マスターPE LS4の2号。リーダーは、ハードトップ船ハリス4号を使用。胴突き式のスッテで狙います。

最初に船長から釣り方のレクチャーを受けます。

コツは、オモリをコツコツと大きめに動かすことと12回ほど叩いたら、1度ゆっくり上へ上げて、また別の場所にゆっくり下ろす動作を何回もやり続けるそうです。

釣り場まで30分ほどで到着しました。水深は20mからスタート。

お触りあるも乗らず・・

オモリが着底したら船長から教えてもらった動作を見よう見まねでとにかく続けます。でも、なかなかコツが掴めません。

船内ではポツポツとスミイカが上がり始めます。

私も釣りたい。

そう思い、ひたすら誘いを繰り返していると、〝ピトピト

あれ?今アタった?

と、思っていると仲乗りが「今触ってたよ。すぐに下ろして。

すかさずオモリで底をコツコツ。しかし、乗りはなく反応は消えてしまいました。このあと、何回か触りを取ることはできてきましたが、アワせてもダメ。苦戦です…。

私も釣りたい!

私だけ釣れない・・・

それでも「釣りたい…」ベテランはもちろん、初心者もパタパタ釣っていて、私だけ釣れなくて本当に焦りました。船長や仲乗りからアドバイスや、スッテの色をオレンジやピンクに変えてもらい、再度狙います

開始から4時間がたってもスミイカは釣れず。周りの人は3尾、4尾と数を伸ばすなか、私だけカヤの外・・・。

完全にチカラ不足だな」と、落ち込みながらも「まだまだ時間はあるぞー」と、めげずに誘い続けますが…。

無情にも釣果なしで、15時に沖上がりとなりました。

本日の船中釣果

この日は船中50尾ほど釣れたようです。

私もなんとかゲットしたかったのですが力及ばずでした。シーズン中に修行をして、いつか立派なスミイカが釣れるようになりたいです!

帰港すると、船長の厚意でスミイカと自家製アジの開きをもらったので、晩ご飯に食べることができました…感涙。

テンヤ釣りで釣っている人がいたり、スッテは状況に応じて色をどんどん変えながら釣っているのを見て、その日の海況に合わせながら釣りをしていくことの大切さを再確認できました。

そこから学べることを次に活かして「たくさんチャレンジするぞ!」。いつもより気合が入った一日でした。

次回は釣りたい!

次ページで絶品スミイカシュウマイ!