プラグ縛り!エリアトラウト釣行【フィッシングフィールド中津川】

10月9日(水)私が勤める釣具店のスタッフ吉田さん、石井さんと、FM横浜のDJ・井手大介さんの4人で、オリカラルアーの試釣のため神奈川県にある管理釣り場・フィッシングフィールド中津川へ釣行しました。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

中津川はタフコンディション

たび重なる台風の影響で、相模川は2カ月も濁りが続き、支流の中津川も同様に厳しい状況が続いています。川から通水しているこの釣り場も本来ならクリアな水質で、トップウォーター(表層や水面直下)の釣りも楽しめますが、この日は緑がかった乳白色で、たくさんいるはずのニジマスがほとんど見えません。

これだと魚がルアーを見つけることができず、食わせることが非常に難しい、いわゆるタフコンディション。

濁り対応のオリカラで

こんな状況下でも対応できるよう、オリカラルアーは全6種類をラインナップ。

表層から水深1m付近まで潜行するMR(ミディアムランナー)や、中層より下を潜行するDR(ディープランナー)、ボトムを探るバイブレーション。

これらのルアー(プラグ)のみを使い、カラー性能を試します。

使用したルアー6カラー

実釣開始

6時に開場。ルアーを作ってくれた田中さんも駆けつけてくれました。準備を済ませ、6時半に実釣開始。

私はクリアレッドに赤・黒・白・グローの飛ばしが入ったミノーをチョイス。本来ならスプーンで底から探っていくのが一般的ですが、濁りで底の状況が分からないため、根掛かりを避けて一番投げ慣れているルアーを選びました。

なるべく深く沈むよう、着水後ハンドルを勢いよく4回転。そこからゆっくりリトリーブします。深めのレンジから探りますがノーバイト。

中層でヒット!

魚は上にいると判断し、ハンドル2回転からリトリーブ。

するとヒット。

ニジマスヒットにニヤリ

4人の中で一番初めにニジマスをキャッチ。そこからパタパタッと各々が使っていたルアーでヒットさせます。

安定して釣れていたのは、背中が赤でサイドはオレンジがかったクリーム色、腹に茶色のラインが入ったトレモ35MRのチェリーサンバーストというカラー。

次ページで魚の活性アップ!