ドラゴン狙い!大分沖タチウオ釣行:テンヤで指6本!【大分・釣吉丸】

9月後半に大分市・家島港の釣吉丸にタチウオ釣りの予約を入れた。序盤からアタリもあり、一時入れ掛かりに。問題のサイズはいかに?!

●大分県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣り場まで一眠り

出港時間は午前5時の予定で、自宅を2時に出て、釣友を誘って高速道路を走って、港には4時前に着く。皆さんがそろうと抽選で釣座選び。決まったところで船長が来て出港となった。

別府湾に出てみるとウネリもなく、順調に釣り場へ。朝が早いので私はすぐに船室に入って仮眠を取り、エンジンがスローになったところで目が覚めて、釣座に行って用意をすると、すぐに釣り開始になる。

釣行スタート

タックル図

船長からタチウオを釣るタナを指示される。

「(水深)100~130mまでを誘い上げてください」と言われて釣りだすと、サオ先を抑え込むようなアタリがでて、アワせるとサオに乗る。

巻き上げてみると途中で何度も強い引きに遭い、タチウオの口が切れてバラシとなるのではと思われたが、何とか海面に出てきたのを見ると指幅4本級が釣れる。

私の最初のエサはコノシロを三枚におろしたもので、エサ持ちがよく、タチウオを3~4回釣っても身が切れずに使えるのがいい。

私は右舷胴の間で釣っていて、掛かってくるタチウオは大きいもので指幅6本級。指幅3本級でも最初のアタリが大きく、巻き上げるときには軽くなるので大きさが分かってくる。

指幅5~6本級になるとアタリもそれなりにあって、掛けたときにはすぐに持ち上がらずにリールが逆転しそうな引きになり、途中でもよく引く。

いろんなエサを使って釣行

右舷ミヨシ(船首)で釣っていた佐田さんはいろんなエサを持ってきていて、サワラやアジの三枚おろしも使っていた。それで指幅5~6本級を掛けていて、サオを見るとリールが止まりながら巻き上げていた。

船中入れ掛かり

私の横の岩倉さんは、最初はアタリが取れず苦戦をしていたが、時間がたつにつれてアタリが分かるようになり、入れ掛かりのように掛けていた。

右舷機関場の戸田さんは指幅4~5本級をよく掛けて取り込んでいた。

指幅4~5本級

右舷船尾には中熊さんが座り、指幅4~5本級を掛けていて、エサを見るとイワシで釣られていたようだ。

この日のエサはイワシやサンマ、コノシロと、どれを使ってもよく食ってきていた。イワシは船で用意してくれるが、あとは自分で持って行くといい。

最終釣果は?

釣果は釣りトップで30尾。大きさは指幅3~6本級で、こればかりは指幅3本級に「食いなさんな」とは言えないが、持って帰って食べるとおいしい魚だ。

これからの釣り物はタチウオのほかに関アジや関サバ、アジ泳がせ釣り、落とし込み釣りなどがあるので、予約をするときには同船のブログを見てされるといい。

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳 /TSURINEWS編>

▼この船について
釣吉丸
エリア:大分エリア
出船港:家島港

この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年10月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。